愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

飽き性から脱却して小説を書き続けられるか

“根気が続かない、おまけに自信がない女が小説を書く”

 

何年この記事を温めていた事か…←呆れ

 

日常の雑事や本業の仕事、その他諸々の事情でアイディアは一旦出て来るものの、元々が飽き性な故にいつの間にか手を付けずに、そのまま(安定の)放置プレイ。

 

ただの子供の駄々こねとも言うwww

 

こんな状況がかなり続いている。

事実を綴る事は難なく出来るが、小説に至っては人物設定(名前を付ける・性格・背景等)はするものの、書き出しの部分で難航する。

 

細かい風景やそれらの描写が上手くできない所がネックである。(‟先ずは参考までに小説を読んだ方がいいだろ” と言う突っ込みが出て来る)

 

音楽を聴いている最中に言葉が出て来る事が多い私だが、その言葉が登場人物の台詞やストーリー等として上手く活用できるか、(どの様に文章として繋げていくか)と言う部分はまだまだ分からない。

 

もっと世界観を深めていく事が大事だと気付いてはいるが…

 

“心から感じた事を書いてみればいい”

 

そんな事を思いつつも、つい頭で考えてしまっている。そして脳内で再生された情景を綴ればいいと思って、思い出そうとするも殆ど消えてしまう。

 

先程もぼんやりとしていたら、丁度脳内で登場人物の台詞が突如出て来た。‟どうして…” と言う台詞が出て来た途端、9mmの「泡沫」の ‟ど~うして~” の箇所が自動的に脳内再生されてしまった。それだけならまだしも、この歌詞をネタにして 現場猫 が受話器を持って当該台詞を呟くカットが(Twitterの9mm界隈で流行っている)脳内に登場してくる事態に発展した。

 

参考までに昨年綴った、9mmのネタの過去記事を

bluedestiny619.hatenablog.com

 

せっかく脳内でいい場面が出て来たにも関わらず、こんな変な方向に意識が向くとは…汗

私がいい状態で脳内映像が出て来た瞬間に、こんな状況になるなんて…ムードをぶち壊した現場猫、恐るべし…←書けよw

 

だが、気持ちを切り替えて ‟これはパロディーとして使えるかも…” と思い直しメモを取る事とする。

 

と言う訳で(←どんな訳だw)これから脳内で出て来た映像とイメージ等を駆使して、地道に文章を綴る事とする。