愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

 

工場に勤務経験あり。

 

元・セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックスセミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

2018年12月 セラピスト活動を完全休止。

2019年1月 工場勤務兼ブロガ―として活動に専念する。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

自動車部品製造工場に2011年3月~勤務。

2021年6月 約10年間勤務した職場を退職。

 

※2021年7月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

 

 

 

 

どんな状況でも楽しむと決めて

“とうとう金銭面でカツカツに”

 

自宅の風呂場の修繕費を払い終えていない為、節約生活をしている件。

 

先月から更に “貯金を意識して生活を送る” と決めて、現在取り組んでいるところだ。

 

その理由は、控除額が多い為手取りが想像より少ない。

 

その要因として、介護保険料” がある。

“ええ…私、40歳超えているので” 

 

必要あっての引き落とされる事も理解しているが、それでも今の収入の状況では、手痛い出費だと感じる。塾の参加費も捻出できていない為、起業塾にも通えていない。正直言って、自動車のローンと生活費の支払い、それに加えて、来月の自動車保険の支払いを控えている為に逼迫している。

 

前より頻度は減っているが、今でもときどき心が不安に襲われる事もあるのだ。

 

現在は “何とかしなければ!” と、焦る気持ちと向き合っている。

 

先月から働き始めた派遣先は、仕事内容も合っていて尚且つ、人間関係が良い職場だ。

しかし、繁忙期のみ臨時従業員を募集している状況なので、長期的な雇用には結び付かないのが悩みの種である。

 

話題を変えよう。

先々月の起業塾以降から ‟人間関係が良好で長く働けるところ” に意識を向けて、日々仕事に取り組みつつ、文章も書いている。

 

そして今は、幸い精神的に安定している。このタイミングで小説の細かい設定を考えているところだ。仕事を終えて自宅に帰ってから、音楽を聴きながらネタ帳を開き、登場人物の細かい設定を書き出している。

 

文章を安定的に書き続ける為には、自らの精神の安定が必要不可欠である事を、私は今までの体験で身をもって痛感した。

 

過去に叩かれた事もあった為、今の仕事が始まるまでの間、ブログ記事のリライトをした。

 

‟何故か?” 実は、文章に関しての書籍を購入し勉強した際に、リライトの必要性が綴られていた。文章を綴っている最中は気付かないが、見直してみると、文字や接続詞の使い方を間違えている事が多いのだ。

 

ブログを綴っている最中は、画面に集中している為、文章の打ち間違い(誤字・脱字) を細かく見る事が出来ていない。最近は文章に関する書籍を購入して、学びながら実践を試みている。

 

購入した書籍の内容は、ライターになる為に必要な文章の書き方が綴られている。

 

読み進めていく内に、私は今後 ‟どの様な文章を書いていくのか?” を突き詰める事が出来たきっかけとなった一冊だ。

 

私は ‟ライターとして文章を書く” 事ではなく、‟小説を書きたい” のだと気付いた。

しかしながら、私は自身のなさが災いして、小説を書く為の人物設定や舞台設定の細部を詰めるのを、本業の仕事にかまけ進めていなかった。

 

要は、‟言い訳する理由を探していた” のだ。

 

ここにきて、飽き性が出てきた…

 

先ずはできる範囲で、取り組んでみる事とする。

 

 

職場でおバカとオタクを晒したら何故か可愛いと言われた件

“新曲でネタが出てきた件”

 

現在の派遣先は、食品工場で梱包作業に従事している。昨年の11月中旬から年末まで、勤務していた派遣先である。こちらの職場は幸いにして、人間関係も比較的良好な為、朝の作業前の時間に、食堂に集まり期間従業員の方達と世間話を楽しんでいる。

 

タイトルに出て来た様なエピソードが、最近起こったので、今回はそれを綴ってみる事とする。

 

先日、仕事を終えて自宅の自分の部屋にいた時。

5月に配信された、9mmの新曲「One More Time」の歌詞の “いくらでも食らいなさい” のフレーズが突然出て来た。その直後、ごく自然に ‟いくら(醤油漬け)でも食らいなさい” と脳内で変換されて現れた。

 

派遣先で取り扱っている商品だ。

 

‟ちょっ…!!!!!まさかのここで、9mmの曲が出て来るなんてwwww” と驚きを隠せなかった。

 

おバカが出て来て、どうもすいません(汗)

 

更には、同じ派遣会社から来ている女性に、9mmの事を話してみたら、その後 “ネットで検索して曲を聴き、ハマった” と翌日に報告してくれたのだ。

 

マジかっ!!!!

 

ちなみにベースの中村和彦推しになった。

 

ネットで写真を見た瞬間 “イケメンじゃん!” と思った、と話してくれた。

 

“ロン毛でもあんなにカッコいいのだから、短髪だったらもっと…” と思ったそうだ。

 

話を元に戻そう。

前段で登場した派遣社員の女性と一緒に作業をした際に、私が少し勘違いをし、気付いて言い直した時のリアクションを見て “可愛い” と言われた。

 

40歳を過ぎても、人様から “可愛い” と言われる事があるとは!と驚いた。

 

派遣社員として働いてから、行く先々で9mmのオタクやおバカを出していたら、同性に好かれる体験がまた一つ増えた。

 

そして開示したら “9mmの話をする時、とても楽しそうですね” と言われる。

 

恐らく、(特に)かみじょうちひろのネタを話している時に出てくる、いいエネルギー感に惹き込まれるのかもしれない。

 

時として年甲斐もなく、キャーキャーと言っている程だ。

 

“それでも、やっぱり私自身が楽しい!” のが一番大事だと思っているので、これからも続く事は間違いない。

 

楽しんで生きていこう!

 

結局自分の事は自分にしか救えない

‟自分の本心を知って、行動し変化するのは自分にしか出来ない” 

 

30代に入ってから自らの体験を経ての気付き。

 

30歳になった頃、‟思い切ってやりたい事をやる” と決め、自分の意志で気になっていた派遣先を申し込んで働き始めた私。仕事を始めてから、自らの健康管理の一環として、ヨガに取り組み始めた。

 

周囲の人達から、“30代になると、疲れが取れにくくなる” 等と言われてきた影響もあり、“早めに対策を打とう” と考えた上での結論だった。

 

ちょうどこの時期は、“20代の頃と違う生き方をしてみたい” と思っていた。

 

20代半ばで会社を辞めてから、再就職先を探していたが、思う様に決まらずに困っていたところ、現在お世話になっている派遣会社に登録した。以降、職を点々とする生活を3年程続けていた。

 

20代後半で派遣社員として、職場を転々として来た経験から、もう少し “腰を落ち着けて 長く働く場所が欲しい” と、思いを巡らせながら過ごしていた30歳の冬。ちょうどこの時期にアメブロを開設した。今回、文章の話は割愛する。

 

自分の体の事を考えながら過ごすと決めたきっかけは、25歳の頃にアレルギー性鼻炎副鼻腔炎を併発した事が判明してからだ。

 

二週間ほど咳とひどい鼻詰まりが続き、時折胸苦しさも感じた為、隣町の耳鼻科を受診した。5年程掛かった後に、地元の耳鼻科に移り治療を続けたものの、いつまでも薬を飲み続けている日々に、不安を感じた私は ‟どうにかして、体質を改善したい” との思いを持つ様になった。

 

その時期に、自動車関連の仕事を始めてから、心身を整える目的でヨガのレッスンに通う様になった。更に、体の不調を改善する目的で様々な施術を受け、食に気を遣う等、自分の出来る範囲で取り組んでいった。

 

こうして ‟自らの心と体を大切にする生活” を意識して過ごして行くうちに、体の状態が徐々に改善されて来た。

 

具体的に言うと

 

アレルギー性鼻炎の症状の改善

・肩こりの緩和

 

である。

 

上記二点の緩和に大きく貢献したものが ‟お灸” だ。

 

私が普段からよくお灸をしている中で、取り入れやすいツボを二つご紹介しよう。

 

ツボの取り方はYouTubeを参照してもらいたい。

 

・合谷

万能ツボと言われるほど、効果効能は幅広い。

風邪のひき始めや体の痛み(特に上半身)に効果のあるツボ。鼻・喉・歯が痛む時によく据えている。お灸だけではなく咄嗟の時のツボ押しもしやすいので、初心者にもおススメである。

youtu.be

 

足三里

体力を付けたい時や、胃腸の調子が悪い時におススメのツボ。花粉症のシーズンに入る前から、予防する目的で据えるのも効果的だ。こちらも万能ツボの一つ。

youtu.be

 

上記のツボはさまざまな体の不調に対応できる為、お灸が初めての方でも取り入れやすいので、是非試してみて欲しい。

 

 

 

フォロワーさんとの交流を深める為に準備をする

‟オンラインオフ会の準備をすべく、検索を進めている最中で”

 

今回はオンラインオフ会の事について調べを進めている現状を綴る事とする。

 

前回、zoomでは人数と時間に制限がある為に、LINEミーティングの使用を検討している事を綴ったが、参加希望者でLINEを使用していない場合は、別のシステムの使用を考えることになる。

 

今回はLINEを使用している前提で話を進める事とする。

基本的な使い方は以下のリンクを参照。

line-howtouse.net

 

前から9mmファンのフォロワーさんと、“ネット上でオフ会をやりたい” とブログで綴って来た私。

 

最近は思い立ってTwitterのスペース機能を使って、週一回ペースで話をし始めた所、ほぼ毎回参加して下さるフォロワーさんが多い。

毎回開催する前にアンケートを取り、その結果を踏まえてスケジューリングを行なっている。

 

この積み重ねが功を奏してか、フォロワーさんが3~4人程参加してくださる。ただ、公開される為、フォロー外の人が聴いていると、“正直言ってビビる…” のだ。

 

 “一体、何の為に聴きに来るのか?” が分からない。ましてや事実確認も出来ないので、不安が出て来るばかりだ。‟スピーカーの申請をして様子を観てみようか?” と考えたが、私がスピーカの申請を出してみた結果、反応が無い場合も十分に考えられる。

 

聴いている本人にしてみれば、ただ単に軽い気持ちで “ちょっと聴いてみるか” と言う感覚なのだろう。

 

ある程度は予測していたものの、開始時間早々から入って、毎回数十分程度聴いてから退室している。

 

フォロワーさんが入る前のグダグダした一人喋りの段階から聴いているので、逆に怖いと感じる…そもそも私が時間きっちりに入るからなのかもしれない。

 

しかも話す内容がほぼ決まっていない上に、聴いている人が普段から絡みの無い方だと何を話していいのかが分からないのが、毎回スペースをやる上での悩みどころである。

 

気になって、一度コミュニティ内でアンケートを取ったところ。

‟特に開催する必要は無い(スペースでの配信のみでいい)” と言う意見が多かった。ただ、‟オンラインオフ会に参加したい” と回答した方も一名いた為、もう少し詳しく事実確認をして見る事とする。

 

想像していたよりは少なかったものの、ゼロではなかった事が分かっただけでも、私にとっては大きな収穫だった。

 

今度はフォロワーさんを対象にアンケートを募り、その結果を観ながらすすめていく事とする。

 

過去に私がして来た事を思い出して

“押し入れを整理した時に気付いた事”

 

先日、意を決して自分の部屋の押入れを整理した。その時の気付きを綴る事とする。

次の派遣先で働くまでの間、2週間程の空きがあったこともあり、せっかくなので ‟要らない物の整理をしてみては?” と母から提案された私。

 

今週に入ってから、思い切って不用品の整理に着手した次第だ。

 

しばらく使っていなかったボストンバッグ。機種変更後、本体だけ処分して残ったスマートフォンの説明書と充電器等が出て来た中で、思う所があり処分できずに残っていたものがあった。

 

TCカラーセラピーカラーボトルである。

    

かつてTCマスターカラーセラピストだった私は、5年程前までセラピストとしても活動をしていた事がある。

懐かしくカラーボトルを取出して、自らの気持ちの整理をするべく、カラーボトルを順番に並べてみた。※上の写真を参照

 

4本リーディングをしてみた結果は

         

左から

1本目:ターコイズ

2本目:オレンジ

3本目:クリア

4本目:レッド

である。

 

自分自身の現在位置を知る為に、2本目と3本目を観て行った私。

 

インフィニティカードと合わせて(下の写真を参照。写真はレッドのインフィニティカード)今の自分が気になる言葉を選んでいった。

 

     

 

リーディングの後に、結果を簡単に解説したツイートをしたので、下を参照してもらいたい。

 

2本目と3本目を選んだ理由を詳しく書いてみる。

オレンジでインフィニティカードのキーワードで “楽しい”“温かみ” を選んだ理由をそれぞれ書いてみる。

 

Twitterのスペースで、フォロワーさんとコミュニケーションをとっている瞬間が “楽しい”

・スペースでフォロワーさんと会話をしている時に、相手と心から繋がっている感覚がありそれに “温かみ” を覚える。

 

 

クリアでは

 

・職場や起業塾以外の人との繋がりが出来て、今までの閉じていた人間関係におけるパターンを “リセット” 出来た。

・ネットとリアルの両方で、“新しい” 人間関係を構築できる様になった。

 

箇条書きで簡単にまとめてみたが、こうしてセルフセッションをしてみると、深いレベルで自分自身とコミュニケーションを図る事が可能になる。そして自分自身が確実に成長してきている事を自覚できたひと時でもあった。

 

話を元に戻そう。

カラーボトルを捨てるには忍びない。かと言って、他の方に譲るにしてもツテとアテがないのが現状だ。

 

何よりも前段でカラーボトルを使って、自らをセラピーしていた瞬間、クライアントさんにセッションをしていた頃の事を思い出した。

 

クライアントさんが “深いレベルで自らの心境を語ってくれた瞬間”

 

そしてクライアントさん自身が、セッション中にそれらを “瞬時に自覚した” 情景を思い出して、高揚した自分を思い出したのだ。

 

セラピスト時代、色を介して心の通い合うコミュニケーションを取れた瞬間、‟その場面に立ち会っている” 時にやりがいを感じていた事実を、今回のセルフリーディングをした事により蘇ってきた。

 

色彩を通じての自己と対話をした ‟自分自身だけに留めず、他の方にも体験していただきたい” と言う結論に至っている。

 

最後に

参考までに、セラピスト時代の経験や目線で綴った9mmネタの過去記事を貼っておく。
ちなみに私自身も青色が好きだ。

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

スペースでゆるりと自分の事を話している件

‟定期的に続けていく内に、コミュニケーションの幅が増していく実感が出て来た件”

 

現在のところ、Twitterで事前に告知をしている為、一定の人が聴きに来てくれている。

告知した時、特に開催日前日に告知をした際にはリプライで参加表明して下さるフォロワーさんもいる。その為に幸いにしてゼロにはなっていない。スピーカーとして申請を出して話をして下さるフォロワーさん達もいて、時折参加者の方達同士での会話も展開される。

 

そんな時に私は聞き役ならびに質問を振る事もある。どちらかと言うと話す事よりは若干ではあるが、聞き役に回る事が多い。TCカラーセラピスト時代に傾聴を学び、経験を積んで来た過去があったからこそ、参加者に対しても難なく話題を振る事が出来るのだと実感する。

 

事実スペースの場で質問を振ってみると、参加者の誰かしらが話をし出し、その瞬間から更に話題が広がっていくのだ。

 

セラピスト時代の経験もあって、スペースの場では色の話が参加者から出て来ると、色彩心理の知識を駆使して話をする事がある。

 

【直近のスケジュール】

6月3日の21:00~開始するスペースはこちらから。

twitter.com

 

時間にして約1時間程行う予定である。

予定の合う方は是非聞いてみて頂きたい。

 

 

 

取り急ぎTwitterでコミュニティを作った話

‟人と人との繋がりを作る場を自ら作る為の第一歩として”

 

9mm好きが高じて、ついにコミュニティを作るまでに至った経緯を綴る。正直言ってここまでの道のりが長く感じられた。Twitterを再開してから二年を過ぎた今現在、ようやく目に見える形になってきた。

なんとTwitterでコミュニティの機能が実装された事実を知ったのは昨日の事である。‟なんとタイムリーな情報が舞い込んできたか!!!!” と心が躍った。

 

振り返ってみれば、過去記事でコミュニティの話を綴っていた。Twitterを再開した当初では考えられなかった発想ではあったが、この記事を綴った頃から少しずつではあるものの意識が向く様になっていった。

bluedestiny619.hatenablog.com

 

だが、ネットでの人間関係における紆余曲折を経て、そこから地道に人間関係を築き上げて来た成果が今ここで現れて来たのだ。

 

話を元に戻そう。

9mmのコミュニティを開設したのは今朝である。出来立てホヤホヤだ。本来ならば、ルールもある程度は決めておいた方がいいのだろうが、昨日のスペースでの場で宣言した。言おうと思っていたけれどと前置きをした上での発言だった。

 

‟言ってしまったわーw” と一瞬後悔仕掛けたが、もう後には退けなかった。

今は見切り発車ではあるがコミュニティを開設して、徐々にメンバーの動向を観ながらルール等を決めていく事とする。

 

Twitterコミュニティ ‟9mmを愛でるコミュニティ”

https://twitter.com/i/communities/1530320303913840642

 

コミュニティ内でのツイートも、個人での投稿との棲み分けを考えながらの発信を意識していく事とする。