愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

 

自動車関連の工場に勤務。

 

元・セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックスセミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

2018年12月 セラピスト活動を完全休止。

2019年1月 工場勤務兼ブロガ―として活動に専念する。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

現在は自動車部品製造工場に勤務している。(2011年3月入社)

 

※2019年1月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

 

 

 

 

動画配信でライヴを楽しむ

“人生初のストリーミング動画でのライヴ参戦”

 

昨年は東京にてライヴ参戦したが、今年は新型コロナウイルスの影響で、ライヴは軒並み中止の異常事態となった。

 

予想以上に長期化した為、ストリーミング配信に切り替えるスピードが速かった。ちなみに、年内に行われる予定のライヴは、全て中止する事が決まった。

 

パソコンからイープラスにログインし、少々の高揚感とともに、ストリーミング配信を “いざ見るぞ!” と思った瞬間。直ぐに画面が切り替わらず、ブラウザの更新をクリックして動画を観た。

 

9月9日配信当日、ドキドキしながらリアルタイムでトークの途中から観た。

 

当日にリリースされた、「白夜の日々」とカップリング曲の「ロードムービー」と「Calm Down」も演奏された。

ライヴでは曲の人気投票、上位の曲が演奏された。

 

光の雨が降る夜に」

「エレヴェーターに乗って」

「Keyword」

の順だ。

 

光の雨が降る夜に」、「エレヴェーターに乗って」は私の好きな曲で、掌編小説も書いた程だ。個人的に全力でお勧めしたい曲だ。


掌編小説はこちらで読んで頂けると嬉しい。
note.com

 

 ライヴ配信のゲストは「CHAOSMOLOGY」で参加した、fox capture planの岸本亮、チャラン・ポ・ランタンストレイテナーホリエアツシが登場した。

 

インストゥルメンタル版(2枚目)で参加しているfox capture planが「ガラスの街のアリス」。1枚目で参加している、チャラン・ポ・ランタンが「ハートに火をつけて」、ストレイテナーが「カモメ」を演奏した。

 

鍵盤で奏でる「ガラスの街のアリス」がオリジナルとは違う躍動感を表現し、「ハートに火をつけて」では、アコーディオンの音色と姉妹が織りなす歌声で民族歌謡の雰囲気を更に醸し出していった。「カモメ」はもはや、9mmじゃなくてストレイテナーの持ち歌ではないか?とさえ思うほどに、しっくりと馴染んでいた。

 

参考までに過去記事。9mmの好きな曲ランキング

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 今回のストリーミング配信で、新たな発見と9mmを通じて表現の幅と深みが増してきている様に実感したライヴだった。

 

 

 

 

過酷な労働環境で如何にして働くか

“死ぬんじゃないか?と思うほどには暑い工場内(現場)の話”

 

特に最近の猛暑が続く折には、外の気温よりも、むしろ工場の中の気温の方が高い事は珍しくない。

 

とある日の仕事の途中、ふと何気なく温度計を見ていた時。昔ながらのアナログ式の温度計の針は、40℃を示していた。事実、職場内にほんの数分間いるだけで、全身の毛穴と言う毛穴から汗が噴き出してくる。自分の身体から滴り落ちる汗で、不快指数が更に上昇する現実。

 

“こんなんじゃあ、具合も悪くなる筈だよ!!” と怒り心頭になる気力さえも起こらない程、工場内の暑さで心身共に疲れが溜まっていた。ここ最近の職場の労働環境を通じて、暑さと言うものは ‟生物から全ての気力を削ぐものだな…“ と身をもって痛感せざるを得ない体験だった。

 

暑過ぎなんだよ~!!!!!(怒)と言いたくなるが、実際には暑さで吠える気力と体力はほぼゼロ。

もう、涼しい場所でゆっくり休みたい…(泣)

 

とは言え、現状はおいそれと会社を辞められる状況にない。だからこそ、今自分に出来得る事をやっているのだ。

 

・水分と塩分の補給をこまめに

・程よく休憩を挟む

・決して無理をしない← 正直無理をしそうで怖い…

 

以上だ。

 

※noteで掌編小説を公開しています。

気に入ったら有料で購入して下さると全文ご覧頂けます。

note.com

 

 

 

うっかり厨二病を忘れた日

“女子モードを出すと、厨二病を忘れ去る件”

 

薄っぺらいミーハー(古っw)根性しか出てこなくなるとか。むむっ…解せぬ!!

 

解せぬわっ!!!!

 

オタクの名の下に生きている私にとって、これは死活問題である。

 

その原因は…

9mmのかみじょうちひろのドラム教則本「Tricky Drum Paradise」だ。購入してからと言うもの、ロングインタビューでの ‟会社員を辞めて、音楽の世界で生きる決意” に惹かれ、改めて ‟カッコいい!” と思った私。 

 

 

参考までに過去記事 

bluedestiny619.hatenablog.com

 教則本を購入する前は、バンドマンとして、もしくは人としての生き様が ‟好き” だった。だが実際に蓋を開けてみたら…人として尊敬すると言う意味だけではなく、いつしか、一人の男性として見ている自分に気付いたのだ。

 

購入する前。野郎の叫びを発していた頃とは、明らかに自分自身の反応の仕方が変わった事に気付いた。なにしろそれまで ‟うおおーっ” と言っていた頃とは打って変わって ‟キャーッ!!!!” と黄色い歓声を上げて言っていたのだから…

 

自らの女子モードに火が付いてからと言うもの、いつしかオタク気質よりもミーハーな女子のモードの割合が増え、 その結果オタクの厨二病である事など、忘却の彼方へ忘れ去っていた。そんな自分自身の心境の変化を観ていく過程で、‟あ…そう言えば、私って厨二病だったな” と気付く程には女子モード(およそ8割程)が私の頭の中を席巻していた。

 

私がこんなにも女子モードを全開にする事は、この40年間生きてきて数えるほどしかない。先日に40歳の誕生日を迎えた私は、自分の中にある女子の部分を受け入れて生きる。

 

 

※noteで掌編小説を公開しています。気に入ったら有料で購入して下さると全文ご覧頂けます。

note.com

 

 

 

 

‟欲しいものは全部手に入れる” と決めて

‟何をしたいか?と問い続けて出て来たもの”

 
・ドラムを習う

・一人暮らしをする

・バイクに乗る New!

・結婚

・長編小説の執筆  

・快適な家に住む New!

等々

数え上げればまだまだ出てくる。

 

先日の起業塾の場で、理想の異性のタイプを参加者の前で話した。

以下、箇条書きで綴ってみよう。

 

・クール

・ストイック

・職人

・顔立ちが薄い

・痩せ型

 

結構好みがハッキリしてるな…

そもそも嫌いなと言うよりは苦手なタイプが明確な為に、その逆の要素を求めた結果がこれである。

 

チャラチャラしていて誠実でない人間とは付き合えないのだ。マッチョは苦手だし、腹が出ていると萎えてしまうから駄目である。顔立ちがハッキリしている人だと、自分のコンプレックスを刺激される感じで引け目に感じる。

 

なんだか男性に対するダメ出しのオンパレードになったが、私にとってこれだけは譲れない部分なのだ。

 

更に言ってしまうと、私の熱血キャラを否定する人間とは、もう正直なところ関わりたくない。

 

私は “心身共に心地いい生活を送る” と決めているのだから。

 

 

 

 

 

ドラム教則本を購入して

‟とうとう決断に踏み切って購入”

 

先日、ドラム教則本Amazonで購入した。勿論、 9mmの…←みなまで言わないスタイル。最近はTwitterで9mmのオタクぶりをぶっ込んでいる日々である。まだ始まったばかりではあるが、反応がダイレクトに返って来るのが非常に面白いと感じている。

 

詳細は特設サイトから

www.rittor-music.co.jp

写真やインタビュー記事を見て、‟男らしい” と言われた事のある私にしては珍しく、キャーキャー騒いでいた程である。←バカw 

 

思えばTwitterを再開した当初は ‟何をツイートしようか?“ と戸惑っていた私。

9mm好きを発信する名目で再開を決めたものの、いざ再開したら頭の中がごちゃごちゃし始めて、文言が決まらずに一人でモヤモヤしていたのだ。

 

先週のツイートに ‟いいね!” が付くなど、反応は少しずつではあるが出て来ている。

 

語りてぇ~!!!!!!!←心の叫び(熱血キャラ全開)

 

オンライン上で9mmが好きな人と深く語りたいのだ。

実際に行う際にはオンライン会議アプリであるzoomを使う予定でいるが、どの位の人がオンライン上でコミュニケーションを取った事があるのか?も気になるところではある。

 

Twitterで気になった人はフォローしてもらうと非常に嬉しい。

 

9mmトリビュートアルバム発売を前にして

‟9月9日リリースの9mmのトリビュートアルバム「CHAOSMOLOGY」、買うかやめておくか?”

 

いや…買えよwwwww←何故か買わない選択がw

‟あんた、このバンドのファンなんだろ?ここで買わないでどうするつもりなんだ?”

脳内でそんな問いが炸裂していた。しかし、男前な問いだなw

 

先日、参加するミュージシャンがレコード会社のホームページ上で公開されていた。リリースが近づいてきて、徐々にその姿が少しずつ現れ始めてきている。11枚目のシングルも同日に発売される。

レコード会社のホームページ

columbia.jp

 数回程は曲を聴いた事があるバンドもいるが、実はあまりよく知らないのだ。そんな理由もあって、今は少しずつ調べているところだ。

 

昨年の「六番勝負」に参戦したアルカラに関しては、バンド名は聞いた事があるがどんなバンドなのかは分からなかった。そこで調べてみたら…‟奇行系ロックバンド” との表記がされていた。私は ‟何かヤバそうな予感がする…” と思い、そこから曲の視聴をしていない。

 

9mmは様々な音楽要素を詰め込み、それらを融合させる才能のあるバンドだ。今回参加するバンドがそれらの楽曲を、どの様にして表現していくのかが非常に楽しみだ。 

(結局楽しみなんじゃんwwwww)

 

 

※noteで掌編小説を綴っています。‟これいい!” と思った方はスキを押して下さると嬉しいです。有料購入をしていただくと小説の全文を読む事が出来ます。

note.com

 

 

 

休業要請中に感じた事~妄想狂はこうして作られた~

‟暇が出来るのはそれはそれでいいが、時間が多過ぎて持て余してしまう件“

 

「文章を書きたい!!!!」基本的にはそんな思いが出来沸いてくる日々。とは言えその日の気分や体調によって、文章を書く意欲がかなり変動するのは事実だ。

 

そもそも ‟書きたいことは?” と自分に問うも、‟自分の思う様に文章で表現できない”と言う悩みが自ずと出て来る。今月の起業塾での宿題の中に ‟刺激を与える” と言うものが出て来た。

 

前回の記事で、東京に行く際に訪れてみたい場所を綴ったが、昨日スマホで検索したところ、ピンと来る場所がいまいちなかった。

 

どうしても行ってみたい所が他にもあるか?と調べたものの、それ以上のものは今の時点では出て来なかった。

 

参考までに前回記事bluedestiny619.hatenablog.com

 

外へ出たい欲求が最近特に出て来ている為、毎日のように東京都内地図を見てどの辺りを回ろうか?などと考えている。

 

どうやら私は、Google検索よりも地図を見て妄想を膨らませていることの方が飽きずに済むらしい。

 

元々地図を見るのは好きで、学生時代から地図を見ることがわりと多かった様に思う。

 

隣りの街まで電車を降りて目的地まで行く為に、地図で確認する時に ‟この風景はどんな所だろう?” とか、一度行った事のある場所なら、‟ここはどんな風景だったっけ?” と思い出しながら見るのが好きなのだ。

 

緊急事態宣言は解除されて、県境を跨いだ移動が可能になったにもかかわらず、今一つ踏み出せずにいる。

 

未だ人目を気にしているのか?それとも、肚の底から “どうしても行く!” とならないからなのか?と自問自答している。

 

 

※noteで掌編小説を公開しています。気に入ったら有料で購入して下さると全文ご覧頂けます。

note.com