愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

 

工場に勤務経験あり。

 

元・セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックスセミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

2018年12月 セラピスト活動を完全休止。

2019年1月 工場勤務兼ブロガ―として活動に専念する。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

自動車部品製造工場に2011年3月~勤務。

2021年6月 約10年間勤務した職場を退職。

 

※2021年7月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

 

 

 

 

本心や違和感の元を探る~退職に至る経緯~

‟初対面の時の違和感を無視した結果のスピード退職”

 

 前回のブログ記事で、退職すると決意した時の事に少し触れている。

bluedestiny619.hatenablog.com

 

出勤した最後の日に苦肉の策で、作業着の下に六番勝負Tを着てくると言うちょっとおかしな行動に出た私。今週は体調不良の為、一日も出勤せずに派遣会社の担当営業と話をして昨日付けで退職した。

 

ここまで書くとあまり大きな問題ではない様に思うが、実はここまで至るのに様々な葛藤があった。前回の記事でも綴った様に元職場での面接時から、派遣先に対する対応の違和感と共に、仕事を紹介した派遣会社の担当営業の対応にも微妙に不快感を感じていたのだ。

 

思えば仕事の紹介を受けた当初より、派遣会社の営業担当が何かにつけて私の事を否定している様な印象を薄々と感じていた。

さりげなく否定をし、話をよく聴かずに思い込みで以て貶める。一方的に自らの意見を押し通し、意図的にコントロールしようとしているのは言動や態度から滲み出ていた。

 

あからさまではなかったが故に気付きにくかったのだ。

 

今回の様に表向きはフォローをしつつ、こちらの事をなじる言動・態度を取る。

今思えば、接する度にこの様な態度をとり続けていた事に対して、あまり関心を持たずにいた私であった。

 

有休消化期間中に自宅の風呂場の改修工事が入り、何かと気ぜわしい中での再就職活動だった。風呂場の施工に関して金銭面の不安が付きまとっていた為に ‟とにかく早く仕事が決まればいい” と自棄を起こしていた最中での出来事だった。

 

感情に塗れて自らの職探しで焦りが生じてしまい、その結果としてリアリティが観れていなかった事が原因である。←またやったw

 

何しろ今回は、有休消化期間中に自宅風呂場の取り壊しから排水、ユニットバスの設置等で毎日の様に業者が入れ替わり立ち替わりで入り、施工を行っていった。

 

今まで自宅に家族以外の人間が、ここまで長期間に渡って出入りすること自体がなかった。今回の様に慣れない状況に置かれて、ストレスが知らず知らずのうちに溜めていた事も重なった挙句、私の精神はいつしか疲弊し切っていたのだ。

 

あらゆる方向から出来沸いた事象に、振り回されて判断ミスが続きこの結果となった。

しかしながら、出て来た感情を味わう事に ‟意識を向け続けられたか?” と訊くと、その時々によってバラつきがあった。

 

今回の出来事で ‟急いては事を仕損じる” と言う事を身に染みて感じた一件でもあった。

今後は職安で手続きを行い失業手当を受けながら、地道に就職活動を行う事にする。

 

もう、‟お金の不安で焦る人生は辞める!”

諦め人生に飽きて来た件

‟諦めさせられる状況にいい加減飽きて来た話”

 

諦め年数40年(すなわち私の年齢と同じ月日が経過)。流石に飽きて来るのは道理である、もう既に諦めを通り越してもれなくやる気が喪失中の昨今の私。

 

と言うか…9mmの「The Lightning」か?

※注:「The Lightning」の歌詞で ‟諦めるのは飽きたのさ” と言う歌詞が登場する。

 

先週に派遣の仕事の面接を受けて、内定をもらった私は先週から勤務を開始した。

 

だが、面接の時から感じていた違和感がどうにも拭えずにいた。実はこちらの職場での面接は二度行われていたのだ。

 

始めの面接の時は他の部署での求人だった。面接の結果、経歴は問題ないが ‟コミュニケーション能力に不安がある” との理由で不採用となった。

 

‟あ、ここで終わりだな…” と思っていたが、なんと派遣会社の営業担当から、不採用の知らせの後にこう告げられた。

“(現在の部署)で欠員が出たので、再面接をお願いしたいのですが” と勧められて受けた結果、採用に至った次第である。

 

予想外の展開である。

 

ちなみに二度目の面接の際には、服装はスーツに準ずる格好ではあるが、面接に向かう時に9mmの曲を聴きながら歌っていた。

 

それまでは聴いているだけで、歌っていなかった。歌が好きなのにも関わらずにである。

 

車を運転しながら「DEEP BLUE」を歌って、就職の面接に臨むオタクwww

 

その結果、採用とか!!!!

 

話を元に戻そう。

‟勤務が開始したらこの状況も改善するのでは?” と思い、仕事に励んだものの一回目の面接時から、微かに感じていた違和感を払拭するまでには至らなかった。



最終的にはテンションを上げる名目で、六番勝負Tを作業着の下に着用して出勤した。

下の写真が六番勝負T。これを着るのは、2019年のライヴの頃振りである。
f:id:bluedestiny619:20210718053102j:image

と言う訳で(どんな訳だw)この4日間の様々な試行錯誤の結果、職場を退職する事に決めた。

明日に派遣会社に退職の旨を伝える。

その後は、職安に前の職場から郵送された求職票を提出と、昔お世話になった派遣会社(一番信用している所)に連絡して再就職活動を再開させる。

 

あ、ほぼ9mmのネタが出ていないw←お前の就活の話ばかりかよwwwww

 

本日は9mmのツアー最終日、大阪でのライヴが行われる。

大阪と言えばベスト盤のライヴ音源にて、卓郎の「大阪にも光の雨が降るぞー!!!!!」と言うシャウトが堪らなく好きである。このベスト盤で初めて「光の雨が降る夜に」を聴いた瞬間の、心の高鳴りを再び思い出している。やっと9mmのモード来たw

 

 9mmの「The Lightning」の歌詞の様に ‟きらめく様に生きるには” どうするのか?を追求して生きる。

 

9mmの「泡沫」から観る世界観の醸成

‟破滅する事が分かり切っているにもかかわらずそこへ向かう心境とは”

 

9mm Parabellum Bulletの新曲「泡沫」

 

曲中では自己否定も垣間見えるが、それでも受け入れて生き切る意志を感じる楽曲となっている。

 

前段で出てきた “自己否定” と言うキーワード。下で綴ったこの箇所では、それらを滲ませる言葉が登場している。

 

‟どうして どうして どうして いつも

逃げられないんだ 傷付くことから

生まれて こわれて 消えゆく さだめ

受け入れられない 僕らのせいなの”

 

この歌詞で表現されているのは、人生における苦悩と恐怖だ。

‟受け入れられない…” の辺りからは、心理的に出来沸く事象や現実をなかった事にしたいと言う無意識的な抵抗を表している。

 

これらは私たちの人生の中で数え切れない程、噴出してくるものだ。それらに付帯した感情の奥にある本音を見ていくのだ。それらの事象から事実を観て ‟出て来る感情と向き合う事” でしか人生は変わらないのだ。

 

話がそれてしまった。

今回の新曲「泡沫」で、心の奥底に仕舞い込んでいる不安や恐怖等を引き出すきっかけを作りだしたと言っても過言ではないだろう。

9mm Parabellum Bullet、恐るべし!” である。

 

今までの激しさを以て体現するスタイルから、徐々に表現の幅の広さを増してきている。今作での9mmは静かに聴く者達の心を浸食していく、それは破壊と言う名目の浸食である。

 

一体9mmは、私達ファンをその深淵な世界観にどこまで沈めてくれるのだろうか?と思わずにはいられない。

 

 

聖地巡礼の旅の行先を探って

聖地巡礼の旅の行き先を細かく調べてみたら出てきた事”

 

長期にわたるコロナ禍の影響による、度重なる自粛生活を余儀なくされた人が大部分であろう。私もそのうちの一人である。

 

母が後期高齢者と言う事もあり、コロナウイルスのワクチン接種を受けたが、だからと言って油断はできない。 そして私自身は現在再就職活動中だ。私自身もそうだが同居している家族も、日々出来沸くことがたくさんある様だ。

 

本題に入ろう。

 

先日ブログを綴っている最中、ふと思い立って聖地巡礼の旅の詳しい行先を調べていた。前回の聖地巡礼の旅の記事で、ギターの滝善充の詳しい出身地が出て来なかった為、それを調べる意味も込めて執筆の合間にパソコンで検索していた。

 

そんな経緯で検索した結果、目に入ってきたのがこの記事である。

ticketjam.jp

 

こちらの記事で、メンバー全員の出身地とバンド結成までのちょっとしたエピソード等を交えながら紹介されていた。

気になる方は是非ご覧いただきたい。

 

ちなみに滝の出身地は茨城県北茨城市だった。

 

メンバー全員の詳しい出身地を知った瞬間に、自室にあった全日本道路地図を引っ張り出した。調べたのは滝の出身地、北茨城市の位置である。直ぐ様地図を開いて茨城県周辺をくまなく探した。

 

そうしながら探す事、数分後には北茨城市を地図上にて確認した。更に周辺市町村を確認したところ、福島県いわき市に隣接している事が判明した。

 

新潟市内から車で行く場合は、磐越自動車道を経由する事になる。

 

交通手段を詳しく調べていく内に ‟ちょっ…私、高速道路で県外を走ったことなんてないんだけど…(震)” と恐れ戦いている自分に気付いた。

 

しかも田舎に生まれ育っている割には田舎道が苦手ときたものだ。

 

‟マジでどうするんだ!?” と慄然とした。

 

他のメンバーに関しても同じである。そもそも一人で遠出をする機会などほとんどなかったからだ、出掛けるようになったきっかけが、三年前に起業塾の全国大会に参加する為に東京に行った事だ。私が自分の意志で泊りがけで、県外に行くようになったのは本当にここ最近の話なのだ。

 

その翌年(2019年)は勢いが付いて、東京に行く事に抵抗はなくなってきたのだ。‟これなら全国どこでも行ける!” と言う確信が持てた時期でもあった。

 

ただしそれは、公共交通機関を利用した時の話。

 

車の運転に関しては結構ビビりである。

ある程度私の事を知っている知人からは、‟行動的” と言われているが実はその反面、慣れていない道や田舎道での運転は、パニックに陥る事が多い事も事実なのだ。

 

個人的にはこの辺りを向き合う事が今後のカギとなる予感がする。

 

さて今日は、9mmが仙台でライヴを行う。

 

今はTwitterで9mmのファンのフォロワーさんと交流を楽しんでいるが、リプライを返す度に、この人達と ‟近い将来リアルで会いたい” と言う意志が出て来る様になった。

 

それまで私は自分のやる事をやり切る。 

14年間好きで居続けた稀有なバンド

‟Endless 9mm愛”

 

オタク度がヘヴィー級、じゃなかった…

9mmに対するパッションがヘヴィー級な私www(暑苦しい)

 

只今、再就職先を探している最中だ。

就職活動を始めた当初は、有休消化中のうちに ‟スムーズに決まるか?” と思いきや、実際に取り組んでみると、現実はなかなか上手く行かずに手こずっている。

 

‟はぁ~…なんてこったい” と意気消沈しそうになるところだが、そこまで落ち込んでない。会社勤めも大事と思い就職活動をしているが、その一方で ‟私は文章を綴ることを仕事としたい” と言う本音が見え隠れしている。

 

とは言え、特別なスキルなど持ち合わせていない私がこの様に文章を綴り、しかもそれを仕事としてやりたいと思っている。文章を書くのは ‟特性として、ある” とは言われているが、実績はと問われると怖気づいてしまう自分もいる。

 

いや…なくてもやるんだよ。と言うか、

 

「やる以外に選択肢はないんじゃね?」

 

と、言う肚からの本音に従ってとにかく綴る日々。

 

そんなこんなでこのブログも、開始してもう少しで6年が経とうとしている。始めた当初、こんなにも特定の事象に特化して綴ることなど、予想だにしていなかった為に今更ながらだが驚いている。まさか9mmの事を暑苦しく綴るブロガーになるなんて、予想だにしなかった。

 

このブログを綴るにあたって掲げた ‟自由に生きる為に自らの考えを綴る” と言う当初の目的とは、大きくかけ離れている様にも感じるが、根本的な部分ではブレていない。

 

話を元に戻そう。

私が9mmを知ったのは2007年と記憶している。それ以来少し離れかけた時期がありつつも、気になるバンドとして私の心に深く刻み込まれている。勿論今でもそれは変わらない。 私自身が人生において、苦しい・辛いと感じた局面で、そっと見守る様なそんな存在なのだ。

 

今日は名古屋で9mmのライヴが行われる。

 

この記事で9mmならびに、彼らを好きで居続けている人達の心に届く文章を綴る!と私は心で誓いつつ、ブログの文章でもそれをしたためる。

 

‟いつかこの文章が日の目を見る様に” と願いを込めて私は文章を書き続ける。 

 

 

一人何役も使い分けるドラマー

‟かみじょうちひろは才能の塊である”

 

「また、オタク発動…」 byイケメン執事@脳内住人

 

「何?脳内住人って?」と言う方は下の過去記事から

bluedestiny619.hatenablog.com

 

こうして、ブログで ちひろダダ漏れ記事” を綴り。実生活でも職場やプライベートで9mmならびに、かみじょうちひろネタを話し出した結果。今や、リアルでもネット上でも ちひろ推しブランディング が確立されている私。

 

先日Twitter上で絵師のフォロワーさんが、かみじょうちひろのイラストを公開していた時だった。過去のツイートをもとにして描かれたイラストを見た瞬間、‟えっ…こんなに毒を吐いていたっけ?” と、一瞬困惑した。

 

フォロワーさんのイラストを見るにつけ、こんなにも多彩なのかと驚きを隠せなかった。思えばTwitterの発信でも、かみじょうはその片鱗を見せている。

かみじょうちひろDr.Laboのアカウントからツイートで、まともキャラを出したかと思えば。もう一方のmonomonoのアカウントから毒舌で突っ込むと言う一人二役を演じる。monomonoのアカウントではアイコンがカピバラである。

 

※ちなみにmonomonoは3ピースバンドでそちらでもドラムを担当している。

かみじょうちひろDr.Laboはいわゆるドラム教室(研究所)だ。

 

かみじょう本人のアイコンで ‟カッコよさの中にちょっぴりおふざけ” の効いたツイートを投稿すると、もれなくカピバラアイコンで ‟ハゲ” と自らを罵る二重人格ぶりでもってリツイートする。

 

ちょっ…どこがハゲやねんwwwwww

 

前回のブログ記事にて、過去のjugemブログやコラムで一人称を使い分けている事実を綴ったが、これら複数のキャラクターを、意図して使い分けているのは流石としか言いようがない。

 

天才かよ!!!!かみじょうちひろwww

 

と毎回叫びたくなる程だ 。

 

 

 

 

不器用系オタク女子の頭の中

‟9mmの事なら話がし易い”

 

ただし音楽の技術的な事は一切ついて行けない(切実)。

‟何だそりゃあ、ただのポンコツじゃないか!?” と言う突っ込みが出て来るかと思うが、音楽の専門用語や機材の話題が出て来ると、その途端に何も言えなくなってしまうのだ。

 

‟ごめん…全く付いて行けないや(悲)” と心の中で言うにとどまるだけだ。

 

関わりたいが、“自分の理解能力の無さなのか?” 、 “単純に付いていけないからか”。引け目に感じる自らの肚の内を観てみると、
そこはかとない ‟構ってちゃん” オーラが出て来た。幼少時の原体験から ‟私の事を分かって欲しい!” と言う承認欲求が突如として湧き出て来たのだ。

 

随分昔に私の幼少時の事をブログで綴っている。

小学校時代からいじめに遭っていた私は、学校で同級生と上手く関わる事が苦手だった。‟ただ穏やかに誰かと関わりを持ちたかった…” と言う願いは叶わず、そのまま時は流れていった。

高学年の頃より生きる希望を見いだせなくなり、毎日鬱々するようになっていった。

 

今は問題はあるにはあるものの、だいぶ生きる事が楽にはなってきた。それでも過去の出来事に付帯する感情は、未だ付いて回っている事も事実だ。

 

そんな私のメンタルが、安定するようになってきた要因はと言うと、今通っている起業塾もそうだが、9mmとの出会いも同じくらい大きかった。

 

先日行われた塾のフォロー会で、宿題の進捗状況ならびに気付きを話したところ ‟今、話をした事をブログに書けばいいんじゃないの?” と主催者から言われたのだ。

 

‟9mmの事でここまで話が出来るんだったら、それを文章に起こせるんじゃない” と言われた私は、それを綴る事にしたのだ。

 

そう…

今まさにこの記事で綴っている

私は ‟9mmを介してコミュニケーションをとっている” と言うのは事実の様だ。

 

前回の記事で、メンバー全員をギャップと言う観点から綴ってみた。

執筆している最中、それらの文章をまるで ‟人に話をしているかの様な感覚” で綴っていたのだ。

 

‟そうそう、この状態…かなりいい感じじゃないか!!!! ” とちょっとした自己満足に浸った。やっぱり私は9mmのオタクで、それを語った方がエネルギーが乗る事がここで実証された。

 

今後もオタクを語る事とする。