愛と自由を携えて生きる

新潟で生まれ育ち。工場勤務の傍ら、週末だけのカラーセラピストとして活動をしながら “自分らしく生きる” 事を探究する女子のリアルな話

私が “普通” や “当たり前” という言葉を嫌う理由

人は時として “普通” “当たり前” という言葉を使う。

 

ある事象や出来事に対して

“普通〇〇だよね” “そんなの当たり前じゃない?” 等と口に出す、そして周りの人間に同意を求めたがる。

 

“普通” “当たり前” を口に出した人に問いたい。 

 

“あの、それって…何か根拠でもあるの?”

“それは、絶対に守らなきゃならないものなの?”

 

 

そんなのただ自分自身が安心したいが為に口にしているだけ。

 

自らの身の保身の為に、他人を利用しているだけじゃないか…

 

そんな理由から使う人が多い…本当に多い

 

だから私は “普通” や “当たり前” が大嫌いなのだ。

 

大事なので、もう一回問う。

 

“あの、それって…何か根拠でもあるの?”

“それは、絶対に守らなきゃならないものなの?”

 

普段からそんな形で “普通” “当たり前” を使っている人は、この問いに対して人類全てが納得のいくような答えを出して欲しい。

 

 

 

 

色彩心理とエネルギーワークで心を紡ぐ文筆家

カラーセラピーとレイキヒーリングを掛け合わせたセッションをする!” と決めてから、提供するメニューを日々考えている私。

 

普段は工場に勤務している為、仕事の合間を縫ってアイディアを出して練っているのだ。

 

 やりたい事はある程度見えてきているものの、いざとなると “不安な気持ち” が先立って行動が止まってしまう。

 

TCカラーセラピーとレイキヒーリングの二つを掛け合わせたセッション。それに加えて、言葉によるアフターフォロー。

 

それこそが、私のやりたかった事なのだと…

 

本格的にモニターを募って行ないたい。

 

 

モニター募集 | 光のかけらhikarinokakera.amebaownd.com

第三者から取材を受けるという事~プロモーションブック製作を依頼して~

先月、セラピスト活動を広める為にプロモーションブックの製作を依頼した。

 

前から自分自身のTCカラーセラピストとして活動とブログでの文筆活動を第三者の目線で見ていただき、紙の媒体で他のセラピストとの違いを分かりやすく明確化したいと考えていた。

 

自分自身の事をウェブ上で発信し続けていくと、どうしても行き詰まりやマンネリズムに陥ってその結果、発信そのものが滞ってしまう危険があったからである。

 

一言で言ってしまえば、 “他者目線から見た自分自身” とは一体どの様な姿なのだろうか?を “目に見える形” で知りたかったのだ。

 

 “自分自身を表現する” という事はイコール自分の責任でやり切る事なのだ。

 

ある意味では、自分との戦いでもある。

 

基本的に独りで向き合う行為の様に思えてくる。孤独なのだ。

 

液晶画面の向こうで何人とも知れない人の目に触れるかもしれない、と思ってキーボードを叩く(スマホでタップする)時、もう隠し事は出来ないな…とも思うのだ。

 

本音は常にダダ漏れ状態なのだ。

 

どんなに態度や言葉を繕っても、エネルギーは嘘をつかない。

 

前回のブログ記事で、パートナーシップについて綴った。

 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

Facebook上でシェアしたら、数件のコメントが来た程だった。

 

アメブロでは屋号名義の為、比較的大人しめの内容で綴っている。(禁止用語を使うとブロックや削除される事がある為)

 

その分だけはてなブログでは、キレのある文章で書いているのだ。

 

私は理不尽な行いは嫌いだ。

 

それ故に厳しめに書く。

 

自由に物を書けないのはかなり辛い。

 

話は変わるが、プロモーションブックが完成した暁にはブログにアップする。

 

ちなみにウェブページにも紹介されるので、公開され次第そちらも順次アップしていくのでお楽しみに。

セッションの新たなる形 レイキヒーリング×TCカラーセラピーの融合

先月のエネルギーワーク講座にて、現在のセラピストしての活動について話をする機会があった。

 

その二日前に、出店したイベントの話から普段のセッションの進め方にまで話は及んだ。

 

その話の折、講師よりレイキとTCカラーセラピーを組み合わせた方がいいと提案されたのだ。私もかなり前から全く同じ事を考えていたので、この提案には驚いたと同時に安心もした。 

 

 

“やってみたい!” “実現させたい!” とかねてより思っていた事、それが思いがけない形で提案されたのには感激の一言に尽きる。

 

自由を得る為の第一歩を踏み出すきっかけとなったのだ。

 

来月に行なわれるレイキの講座(1月に予定されていたが、大寒波の影響で延期)で、更なる研鑽を積んで行きたいとの思いで申し込んだ。

 

昨年からはレイキヒーリングを使いこなしたい一心で、講座に参加し実践を積んでいるところだ。

 

TCカラーセラピーとレイキヒーリングを別メニューにして提供している人が多い中で、私はこの二つを融合させてセッションの新たな形を作ろうと決めたのだ。

 

人にもレイキヒーリングとTCカラーセラピーを融合させたセッションを体験していただきたいとの思いが日に日に増してきている。

 

 

 

共に成長する気が無いなら結婚なんかやめてしまった方がいい

私の親族(おじ、おば、従兄弟姉妹)達は幸せそうには見えない。

 

おばと従姉妹たちは、自分の配偶者の不平不満をぶちまける

 

“自分自身はなんでもやっている” と思い込みが強い

 

無意識で “自分は悪くない” “悪いのは全て相手だ” と思い込んでいる 

 

 

 

「ふざけんなよ!!!!!!!!」

 

 

そんなわけねぇだろーが 

 

何もしていないくせして偉そうな態度とってんじゃないよ

そのふてぶてしさに腹が立ってくる

 

 

おじと従兄弟は自分の妻の自己中心的な言動・行動を叱る事をせず放置。もしくは、言っても無視されるか逆切れされる。

 

 

 

「お前らただの下僕かよ!!!!!」

 

 

冷静になって怒れ。それでも話を聞かない傍若無人な態度を取るならば “出ていけ!” と言っても構わないと思っている。

 

 

圧倒的なコミュニケーション不全に陥っているにもかかわらず、蓋をしたまま放置している。

自分自身の感情に向き合わず、相手に擦り付けて見て見ぬふりをしているのだ。

 

当然のことながら、パートナーシップは最悪だ。

目も当てられない。

 

ここまで来たらただの暴力行為でしかない 

 

自分優先の意味を履き違えていないかい?

 

それともパートナーは “自分の欲望を満たす為のただの道具に過ぎない” と思っているの?

 

いずれにしてもおこがましい話だ。

 

 自分自身を大事にするように、相手にも同じように扱うのだ。

 

そこまでする程ではない人間と付き合い、伴侶として生活をともにするなんて考えられない。そんな相手と結婚しようと考えている人間は何か裏があるものだ。

 

 

相手に思う存分依存するだけしておいて、自分の都合が悪くなったら全責任を押し付ける。悪い自己責任の取らせ方だ。(そもそも自己責任でもない)

 

 

そんなクソ野郎とクソ女は、ボロ雑巾の様に扱われて…絶滅しろっ!!!!!

 

 

相手をモノ扱いしか出来ない輩に未来はない 

 

 

“自分” を評価しない人には執着しない

FacebookをはじめとしたSNSを続けてきて思った事。それは

 

“人の気持ちなんて移ろいやすい” ものだという事。

 

残念ながら、定期的に発信し続けていないと本当に忘れ去られる。

 

私にとって

“忘れられる” “放置される” 事は耐え難い苦痛である。

 

私自身はプライドが高い方なので尚更だ。

 

仮に相手は悪気が全くなかったにしても、激しく落ち込む上に恨みさえもする。表面上は平静を装っていても、しばらく経ってから悲しみと怒りが湧き上がってくるのだ。

 

満たされない気持ちは積もり積もれば、かなりのストレスなのだ。

 

その気持ちをその場で言いたいが、和やかな場の雰囲気を自分の一言で壊したくはないのだ。周りの気持ちも考えた上であえて言わないのだ。

 

“言わない” 場合もあれば “言えない” 場合もある。

 

私は小さい頃から場の雰囲気を嫌でも察してしまう。場の雰囲気を壊す事全般を極度に嫌う。

 

大人数集まっている時は自分の事より、他人の事を優先してしまいがちな私。

けれども、それは “自分を大事にしていない事” に繋がっていると気付いてしまった。

 

本当は自分を犠牲にしたところで、何にも得をしない事に薄々気付いていた。でも見て見ぬふりをしていたのだ。

 

自分の心を隠して犠牲にしても結局、他人はそんなに振り返らない。

 

そもそもの原因は “自分自身は所詮この程度” と思い込んでいるところにある。

 

自分で自分をどのように扱っているのかが問題なのだ。

 

どうやら私には、自分自身が本当は望んでいないにも関わらず “仕事だから”(本業のでの話)“やらなきゃならない事だから”言い訳(目眩まし)をしている時がある。

 

そんな微細な心の変化も今の私は、“騙さない” “誤魔化さない” 。

 

日々自分に課して生きていく

 

 

私が起業を通して実現したい事

私の使命は自分らしく、既に持っている光を存分に輝かせて生きている人を一人でも増やす事

 

全ての出来事に良いも悪いもない。

 

怒り・悲しみ・不安・恐怖等、様々な感情が出来湧く。

その感情や物事に対して、良い(悪い)と思っている自分がいる。

 

私には数年間、悩んでいた事があった。

詳しい事はここでは綴らないが、その問題もあと少しで解決できる目処がつきそうである。

その問題の渦中にいた時には、本当に母と兄を恨んだ程だった。

 

 この時期は、家族だけではなく周囲の人全員との関係性をなんとかしたかった頃。

bluedestiny619.hatenablog.com

特に下の記事を綴っていた時期が一番家族との関係が良くなかった頃。まるで地獄を見た様だった…
bluedestiny619.hatenablog.com

紆余曲折を経て一筋の光明が見えてきた。今はそんな心境だ。

 

話はだいぶ逸れたが、私がカラーセラピストとして起業しようと思ったのは実際にカラーセラピーを受けて、そこで色に込められた意味や心の奥底に眠っている可能性を引き出していただいた体験をしたからだ。

 

そして今は、感情・感覚を大事にして生きている。

昨年秋からレイキヒーリングも自分自身に行なっている。

最近は介護施設に入所している母方の祖母にレイキをしてきた。

 

全ての事象に良い悪いは無い

 

ただ “良い” “悪い” とジャッジしている自分がそこにいるだけ。

ただそれだけだ。 

 

 

本業は “Inspector” 

新潟発 週末ライトワーカー

光のかけら 

Facebookページ

https://www.facebook.com/Hikarinokakera2007/