愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼、週末には “カラーセラピスト・レイキヒーラー・ライター” として活動をしながら “自分らしく生きる” 事を探究する女子のリアルな話

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

光のかけら セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 光のかけら として新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックス)セミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

現在は自動車部品製造工場に勤務している。(2011年3月入社)

 

※2018年2月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのセッションの詳細は、ホームページから

 

光のかけら ホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

欲しいのはフラットな人間関係

“仕事・家庭は上手く行っているものの…”

 

お陰様で自分自身と向き合い、Do項目を行なう中で職場と家庭の環境がかなりいい状況に整ってきている。

 

だがしかし…それでも決定的に埋められないピースがある

 

恋愛…恋愛がぁぁぁぁぁぁー!!!!!!!!(発狂)

 

 だから、原稿も書けwwwwww←作家志望なのに…

 

先月から取り組んでいるDo項目が(今更w)

 

“気になる人の連絡先をゲットする” である。

前回の記事で明記していなかったので、ここで綴っておく。

 

参考までに過去記事

bluedestiny619.hatenablog.com

現段階での進捗状況は、“まだ連絡先をゲットできていない” でいる。

 

起業塾を終えてからの月曜日に早速、訊きに行こうとしたものの誕生日休暇で不在。

 

その翌日に再度訊きに行ってきた。

 

ところが…

“俺、LINE最後まで読まないですよ” 

 

と、あっさり言われショックのあまり撃沈

 

な…なんですとー

 

ちーん(仏様の鐘の音)

 

それ以降、詳しい事は訊けずにいる。

 

職場で会った時は挨拶はしている(基本的に私の方から)

 

つまり、そこから進展していないw

 

また、遠慮しているな…その上、自己否定もしているときた

 

“前の人生続けますか?それとも、辞めますか?”

 

と、自分に問いかけてみる

 

何度問いかけても

 

“遠慮と自己否定の人生を辞める!” 

しか出なかった。

 

度々、このブログで言っている家族・仕事・恋愛“全て自分の思い通りの人生にする” と決めているからだ。

 

 100%幸せになる!

って、東京の全国大会で言ったではないか

 

もうね…“やれ!”とwww

 

恋愛に関する宿題にドギマギする

“年齢差には震えしか出なかった”←15歳差!

 

しかも初の

恋愛系のDo項目!

 

おば…じゃなかった、お姉さんは恐縮したよ!!!!!

 

ま…まさか、年下の男子が気になるなんて…(震)

そんな事、予想だにしなかったよ!!!!!!!!(想定外キター!)

 

むしろ、甥っ子と年齢が近いではないか

 

一体、何を話せばいいんだー!!!!!!!

 

分からんwwwww

 

なにしろ、今まで気になった異性は全員年上ばかりだった…

 

新しいパターンだな…

 

アラフォー女子の私が、まさかの20代男子に…

 

自分史上、前代未聞の事態に驚愕するしかなかった

 

正直言って、ドキマギしている。

 

只今、その他諸々絶賛出張中であるwwwww

 

今回、Do項目は詳しく明記しないが、恋愛で悶絶しながらやっている事をここに明かしておく。

 

 

30歳以前の私の考え方

“自分の本音よりも周りの目を気にし過ぎて失敗していた頃の話”

 

社会人になってからも、自己肯定感が低いまま生きてきた私。

 

20代の頃は、とにかく目の前にある課題をこなす事で精一杯。余裕なんて全く感じられず、日々いっぱいいっぱいの状態で過ごしていた。

 

いつも時間に追われて慌ただしく生きていた。

だが次第に毎日ひっきりなしに、物事に追われ続ける生活に疲れてきたのだ。

 

力を抜く事も知らずに、全力疾走し過ぎて満身創痍だった。

 

基本的には気分屋でかなりムラがある質だが、一度決めるとひたすらに突っ走ってしまう癖がある。

 

20代の中頃、正社員で勤めて居た時は働きづめの日々だったと記憶している。

 

その職場では有給休暇がなかった。

 

当時の職場に勤務して一年程経ってから、アレルギー性鼻炎を発症した事が判明。同時に副鼻腔炎を併発していた為、受診した耳鼻科にそのまま通院する事になった。

 

その後、耳鼻科に通院する為に早退する時に “忙しいので戻ってくる様” にと指示が来る程、毎日夜遅くまで残業している職場だったのだ。

 

絶対に戻る事はなかったが

 

逆にこの時でないと、ゆっくり出来なかった程である。

 

社畜は嫌だ!

 

派遣社員時代は契約期間が終了すると、次の仕事がいつ決まるかと心配が尽きなかった。

 

30代になってからは “もっと余裕のある生活をする” と決めたのだ。

 

そして現在の職場に30歳の春に入社した。

 

現在の職場に決めた理由は “自動車が好きで、昔から興味があった” からだ。

当時お世話になっていた派遣会社の求人を見て、自分から申し込みをした。

 

ところが現在の職場でも、入社早々に後輩の派遣社員からの “無関心な対応”“シカト” で非常に嫌な思いをしたのだ。

 

悪意が籠っている感じではないが、他の人に対しての対応と比べた時、その格差に不満を覚えたのだ。

 

相手の女性の派遣社員は、要領が良くて人に甘えるのが得意な人だった為、不器用で他人から誤解をされやすい私にとってはかなり不利な状況だった。

 

正直、羨ましくもあり苦手でもある

 

しかしながら、仕事の場でそれを発揮するのはよろしくない。

 

そんなスキルを持っているのならば、いっその事、“恋愛の場面でその能力を遺憾なく発揮してくれたまえ” と言いたくもなる。

 

出来るものならな…wwww←上から目線

 

話が逸れてしまった

 

現在の職場に入社する以前の私は、職場の環境に振り回され疲弊し自分自身を大事に出来てなかった。

 

そんな中で “30代以降の女性が余裕を持って生活している様子” を雑誌や種々の体験談で知り、“私もそんな生活をしたい!” と憧れを持ってきたのだ。

 

今の職場に入社する暁には “それを必ず実現する!” と決めてその為に頑張ってきた様なものである。

 

 

東京・日本橋で肚からの本音を叫ぶ

“私、セラピストを辞めて作家一本でいきます!”

 

本当にやりたかった事はそれだけだった筈なのに…

 

いつの間にやら、ブレていた。いや…自らズラしていたのだ。

 

なにしろ

“今は言う時じゃない”  “両方やりますが、何か?”

と言って誤魔化していたのだから…しかも堂々とw

 

いやー

 

恥ずかしいったらないわー

 

過去に散々このブログの記事内で、あれだけ雄々しく “辞める” とか “逃げない“ なんてほざいて言っていたくせしてwww

 

 

自ら破ってんじゃんwwwwwww

 

 

本題に入ろう

 

先週末に行なわれた起業塾の全国大会にて、他地区の塾生と共に二日間学んできた。

 

早くも一日目から衝撃が走った。

 

他のメンバーのフィードバックが的確過ぎて…

非常に顔色が悪かった

そんな中で、とにかく “全部受け入れる” とだけ肚に言い続けていた。

 

きつかった…

 

こうして一日目の講座が終了し、その後の懇親会の場で個々人が自由に交流しつつ、各地区の出し物が行なわれた。

 

普段はなかなか出来ない事をたくさん体験して、様々な出会いが生まれ出て非常に楽しい中、東京の夜は更けていった。

 

ちなみに私は懇親会の途中で具合が悪くなった。原因が酒なのか人なのかははっきりしないが酔っていたのは事実である。

  

夜風に吹かれながら歩く日本橋もオツなものだと実感しながら、無事何事もなくホテルに戻った。

 

二日目の朝は、目覚めも良く朝食も美味しく頂いてきた。

 

講座は、前日とは違う人達からフィードバックを得ながら課題に取り組んで行った。

 

最後は参加者全員が前に立ち、各々自分の事を告知する。

 

普段は遠慮していた私だが、この時はかなり強気で告知した。

 

それも “肚の底からの本音” で言ったのだ。

 

告知を終えて、講座の全てが終了してから “ブログも肚のモードで書いていた” 事に気付いたのだ。

 

日本橋を離れて東京駅に向かい乗り込んだ新幹線の中で、大都会東京の雰囲気の余韻に浸りながら新潟の地に戻った。

 

新潟県に戻った時に、“ただいまー!!!新潟~” と心の中で叫んでいた。

 

自宅に無事に到着してからは “家族が愛おしく感じられたのだ”

 

今度は観光で行こうと考えている所だ。

 

 

 

もはや可愛いでは生きていけない~オータムな女の生き方について~

“可愛いキャラが似合わない件”

パーソナルカラーがオータムであるが故の受難(らしい)

 

ナチュラル・大人・ゴージャス・落ち着き・クラシック…etc

 

上記の様なイメージである。

 

 私自身のパーソナルカラーと骨格診断の話は、こちらの過去記事から

bluedestiny619.hatenablog.com

 

勿論それは性格にも反映されると聞いているが、最近読んだこちらのブログでパーソナルカラーがオータムの人の性格について書かれている。

参考までにリンクを貼りつけておく

ameblo.jp

“落ち着いている” とか言われるのはいいのだが

自信家勝ち気と言う言葉は、何故か個人的に抵抗を感じたのだ。

(不器用は学生時代から自覚あり)

自分の本質的な部分をまだ受け入れ切っていないのだな…と改めて気付いたのだ。

 

 

今までは見て見ぬフリをしていたのだ。

 

しかしこれからは、そんな事を言ってはいられない。

 

第一、現在の職場に入社する際に “自分を偽って生きる事をやめる” と決めたはずではなかったのか?

 

そしてこのブログを開設する際にも、本音を書くと決めたのではないのか?

 

いい加減に足掻くのはやめて大人しく認めよう

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

https://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

アメブロのコメント欄に批判コメントする人って

“そんなに人を批判したいなら、せめて自分の場所(ブログ)で書きなさい”

 

この礼儀知らずが!

 

先日、アメブロにて予約のキャンセルに関する記事を更新した。

 

レンタルスペースでの出店のご予約をしていたのだが、予約をキャンセルしたお客様の理由と対応に違和感があり、疑問を呈してブログを綴った。

ameblo.jp

こちらの記事に対して批判のコメントが来たのだ。

 

“理解できません”

“あなたのイベントに魅力が無いからではないのですか?”

等のコメントだった。

 

あのねぇ…

“魅力を感じさせるまでに至らなかったのは、こちらも責任をひしひしと感じてますよ?”

 

だからと言って、

人様のブログのコメント欄を汚すなんて、失礼も甚だしいわ!!

恥を知れw

 

勿論、秒で即刻削除した。

 

あんたもブログを更新しているならば、自分のブログで文句言えや!!!!!

 

 

※セッション中は決して怖くはありませんので、安心してお申し込み下さい。

ただ今、ホームページランキングに参加してます、気に入りましたら投票よろしくお願いします

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

https://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

初のメディア出演に緊張した件

“憧れのラジオ出演!(AMラジオですが、何か?)”

 

欲を言えばFMの方に出たかったよ(この贅沢者めっ!!!!)

↑     ↑   ↑   

心の声が…www

 

まさかこんなに早く実現するとは思わなかった…(驚愕)

 

今回ご縁があって、地元のAMラジオ局の番組に電話での出演が決定した。

時間にして約10分間程ではあるが、新潟県内に自分の声が電波に乗る日が来るとは…(震)

 

緊張のあまり震え上がる予感しかしない…

 

正直

マジか!? 

と思った程である。

 

9月21日の午前に放送のラジオ番組に出演した。 

 

放送日の3日前、ラジオ局の担当者との打ち合わせが行われた。その場にて主婦向けの番組の為、下の名前に母ちゃんと付けて呼ぶ旨を告げられた。

 

その瞬間

ちょっと、それは勘弁しておくれ…!!!!

 

 

そして番組の便宜上で “母ちゃん” って呼ばれたのだが…

 

アタシは母ちゃんではない(事実)

 

何度もこのブログで綴っているが、私は未婚で子どもはいない。

 

いち女性起業家としての扱いが一番望ましいのだが、その部分については致し方ない点も幾つかある。

 

今回、その部分は割愛させていただく

 

(早く原稿書けw)

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

https://tc-hikarinokakera.crayonsite.com