愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼、週末には “カラーセラピスト・レイキヒーラー・ライター” として活動をしながら “自分らしく生きる” 事を探究する女子のリアルな話

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

光のかけら セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 光のかけら として新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックス)セミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

現在は自動車部品製造工場に勤務している。(2011年3月入社)

 

※2018年2月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのセッションの詳細は、ホームページから

 

光のかけら ホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

リアリティーライターと調子に乗って名乗った理由

 “図に乗りやがってこの女…という突っ込みは、この際ご遠慮いただきたい”

 

幼い頃から自己肯定感が異常に低く、自己否定のオンパレードだった私が、何故自らの肩書きとして “リアリティーライター” と名乗る様になったのか。

 

しかも、世間一般的なライターとして仕事をしている訳でもない…

 

それにもかかわらず、現状は “リアリティー” の部分がごっそり抜け落ちて “ライター” と言う言葉だけ独り歩きをしている状態である。

 

致命的なミスだな…www

 

 

“事実を観て文章化するのが上手い” という、お褒めの言葉をいただいたのがきっかけだ。

 

講師からも “文章が上手い” とお褒めの言葉をいただいている

こちらの過去記事を参照していただきたい。  

bluedestiny619.hatenablog.com

学生時代から作家を志望していたが、自分自身の文章を書き込む量と質が、どの様になっているかは分からないものだ。

 

そんなに有名な作家の作品を読みこんでいる訳でもなく、ましてやライター養成のスクールに入っている訳でもない私が “作家になる“ と公言する事は、ある意味賭けに近い意味合いさえも持っている。 荒唐無稽とも言える…

 

 

途方もなく道のりが遠い様に感じる

 

何故だろう?

 

話を元に戻そう

 

リアリティーライターと名乗った理由は

先に綴った “事実を観て文章にする事が出来るから” に他ならない。

 

間違っても、私が勝手にそう思い込んでいる訳じゃないんだからねっ!!!!!!!!

 

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

https://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

覚悟とは何か~決断と決意の違い~

“これを理解していないと、なかなかキツイ”

 

先日の楽々塾にて、“覚悟” の話になった。

 

覚悟とは

肚を決める事

 

責任を取る(決断)

~になる(決意)

 

決断とは、今までやってきたパターン等を辞める事

 

決意は “ここからどうなりたいか?” を具体性を以って決めることだ。

 

分かりやすく言えば

漫画「ONE PIECE」のルフィが “海賊王に俺はなる!” と言ったあの台詞がそれを物語っている。

 

これが決意なのだ。

 

 

最初で決断をする時に、感情が動くのだ(勿論エネルギーとしてである)

 

・決断する(宣言する)

 

・その時に、自分の肚にも再度決断するのだ。

 

・そして出てきた感情を味わう。

 

上の3つをひたすら繰り返す。

 

今月の楽々塾(起業塾)までの間、肚に意識が向いていなかった事を講師から指摘された。

今回、講座11回目にして窮地に立たされる…

 

こんな事は今までになかった。

 

細かい所を衝くなぁ…

 

来月で受講して丁度一年が経つ。楽々塾受講二年目に突入するのだ。

 

この塾を受講してから、様々な物事の変化を目まぐるしく体験している今日。

 

この時代のリアリティーに対応して人生を変えていく。

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

https://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

セラピスト活動の原点の場所でのセッション再開を決めて

“申込み等のアクションが無いと、こちらもサクッとレンタルスペースの予約のキャンセルするぞw”

 

これくらいの事はしないと、こちらの方はどうにもならないのでねw

 

申し訳ないが、セッションのお申し込みをする以上はお客様にも肚を決めて頂かない事には先へは進めないのだ…

 

こちらも仕事なので、いつまでも決められない人の事まで意識を向けられないのだ。

 

分かるだろうか?

 

“それが怖くてお申し込みが出来ない?”

 

そんな言い訳を言ったまま、何も行動せずにいていいのかい?

 

そんな事を言っているうちは

本気で変わる気ないって事だよ!!!!!!

 

“そのままで居たい” って言うのがあなたの今の本音なのだ。

 

 何も私はセッションで怖い事など一言も言わない

(怖いのはあくまでこのブログ上だけ)

 

まぁ、怖いは “錯覚” なんでね

 

早くその錯覚に気付いて、人生を大きく変える体験をしていただきたいものだ。

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

https://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

そして貴女はまた嘘を重ねていく

“それって子供の為じゃなくて、結局はお金の為じゃないの?”

 

この、詐欺師め!!!!!!

 

従兄弟とその嫁並びに嫁の両親との関係が最悪の事態に…

 

別れたい…ってそれは

むしろ従兄弟が言う台詞だわ!!!!!!!

 

あんた達の身勝手な行動のせいで、心を病んだ従兄弟に対して酷い態度を取るのか…

 

よくもまぁ、そんな事が平気で出来るものだ(さすが人でなし)

 

朝食の支度もろくにせず、まともな食事も与えさせず働かせる。そして夫である従兄弟の収入に文句を付けるのだ。

 

おまけに自分の子供の世話さえ、まともにやらない。

 

それに伴侶の心の病について理解しようともしないのだから、開いた口が塞がらない

 

そんなんで “家族です” “嫁です” なんて言えるのか?

 

マジでふざけてる!!!!!!!!!!

 

冗談じゃねぇぞ!!!!!!!!

 

嫁(離婚したので元嫁) の両親も揃って、自分勝手で無責任で理解の無い人だった。

 

家族総出で自己中心的なダメ人間ズwwwww

 

従兄弟が優しく穏やかな性格である事を利用して、そこに付け入ったクソな一家。

 

その結果、従兄弟は鬱病に罹り仕事も職場からの理解を得ながら、休職しつつ無理のない様に仕事を調整してもらい、なんとか出勤していた。

 

 

それに対して元嫁はと言うと、金遣いが荒く金銭管理どころか自分自身の健康管理さえまともに出来ないほど人格が破綻している。(糖尿病の持病あり)

 

病院からダイエットを勧められても一向にする気はなく、無駄にブクブクと太る一方で担当医から呆れられるほどだ。

 

ちなみに嫁の母親も全く同じだ。

 

元嫁の母親など、似合いもしない装飾品を買いまくり、どこへ出掛ける訳ではないにもかかわらず買った装飾品を身に付けているそうだ。

 

豚に真珠とはよく言ったものだなとwwwwwww

 

仕事が出来て秀でている訳では無く、むしろ仕事が出来ない・使えない方にカテゴライズされているのだ。 

 

従兄弟の母親(私から見たら叔母)の職場で働いた際の出来事、一人前の仕事もまともに出来ずに周囲に文句を言っていたそうだ。 

 

当然高い収入など見込めるはずもない。

 

あんた…いっその事、人生イチから出直してこいや、このクソババァ!

 

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

ちぐはぐな心と体

“頭と身体が一致しない不整合な状態はもどかしい”

 

 先日、映画を見に行った

 こちらの過去記事でも綴った「娼年」を見に行った。

bluedestiny619.hatenablog.com

いわゆるR指定(R-18)の作品である。

 

“性行為を映像で鑑賞する事” それは私にとって、あまりにも危険過ぎた。のっけから全裸セックスシーンを見せつけられたら目を覆ってしまいたくなる

 

音もリアルであまりの生々しさに、身体は熱を帯びて来ていた。それとは裏腹に心がどんどん冷めて行くのを感じつつ。

 

綺麗事は一切無し。

 

性的表現は一切妥協はしないと言うだけの事はある。

 

私はリアリティーを好む方ではあるが、さすがに性行為に限っては別である

 

生々しいのは苦手wwwwwww

 

逆に活字は周りが “いやらしい” “下品” “エロ過ぎ” と言われる文章表現でも割と平気だ。

 

映像で観るのが苦手なのだ。

 

写真は幾分マシだが、動いているのは本当に勘弁してほしい。

 

まだ、リアルに性行為を行なう事に対して、かなりの抵抗感がある事を改めて自覚したのだ。

 

未経験ではないが、限りなくそちらに近い

 

“男性に対して恐怖を感じている” と言うよりは、“男性から性的対象として見られる事” に対して抵抗を感じている方がかなり強いのだ。

 

勿論普段の仕事の際には、その様に感じる事はない。

 

気になった異性と意気投合して、二人きりで会う事が増えてきた頃合いになると出てくるようだ。

 

人けのない場所で会った際に、ふと相手の男性の本性を見た時に “恐怖” を感じる事がある

 

女性全般に対する勝手な “勘違い”“思い込み” を握りしめたまま私と接している時が怖いのだ。

 

しかしその渦中にいる時にはまったく気付けないのだ。

 

何故か?

 

私自身が “この人ならば理解してくれるだろう” と言う勝手な思い込みを持っているからだと今になって気付いたのだ。

 

今更、遅過ぎwwwww

 

もうそんな思い込みから脱して、新たなパートナーシップを築いていく。

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

嫉妬は“する” より “される” 側になれ

“人を羨んで嫉妬するよりも、される側になってみないかい?”

 

めっちゃ批判もされるけどwwww

 

どうやらFacebookでブロックもされている様だ…ちなみに私も事情があって一部の方をブロックしている。

 

トラブルに巻き込まれたくないからだ。

 

とは言え、最近は今までブロックしてた人達をかなり解除している。

 

理由は “もう何をしようが、さほど気にならなくなったから” だ。

 

そこに至る迄、私の場合はかなりの時間を要する。

 

じゃあ、“ブロックしている間は何をしているか?” と問われたならば、自分の感情を味わうのだ。

 

では “どの様にして味わったのか?” と問われたならば

 

私が実際に体験した事を綴り、それを文字で起こす。

 

そして書き起こした文章を見ながら、出て来た感情を観る。

 

肚の感覚がどんな感じなのかを探る様に、さながらスキャンするかのごとく眺めていくのだ。 

 

軽さ・重み・熱さ・冷たさ・もやがかかった感覚・動きがあるかどうか等…

 

一旦エネルギー感が無くなったかと思ったら、また再度ぶり返すかのように表われて来る。

 

そして再度、肚の感覚を感じるのだ。

 

エネルギー感が消えたら、 表情も生き生きとして笑みが出てくるのだ。

 

話を元に戻そう。

 

“他人に嫉妬をされたら、感情を味わうチャンスだと思え”

 

 この一言に尽きる

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

人と関わる中で言葉を紡ぐ

“あなたの提供するサービスならびに、人となりを自分の言葉で綴りたい”

 

 前者は “コピーライティング” 、後者は “他己紹介” だ。

 

コピーライティングは、商品やサービスを売り込む為の言葉。

 

他己紹介は、“他者から自分自身の事を綴ってもらう” 事だ。

 

他己紹介に関しては、過去に私自身がしていただいた経験がある。

 

アメブロの方で、他己紹介サービスをこちらの方に依頼した

ameblo.jp

 

私のブログとホームページをご覧いただいた上での取材。messengerの通話でのインタビューに臨んだが、話しやすく落ち着いて答える事ができた。

 

元々カウンセラーと言うこともあり、聴きのプロの仕事ぶりを体感できた。

(オンラインで音声だけのやり取りではあるが)

 

私のアメブロの方で代筆記事が載っているので、是非ともご覧いただきたい。

 

第一回目はこちら 

ameblo.jp

 

第二回目

ameblo.jp

 

第三回目

ameblo.jp

 

どの記事も、私自身が自覚していない部分にまでフォーカスして綴ってくださっている。

 

実は私は緊張しいで、人と話をする事があまり得意な方ではないが、それでも話がし易かった方だ。

 

気になった方は、利用してみる事をおススメする。

 

最後になるが、私自身も言葉で人の魅力を引き出すサポートをしていきたいと思っているところだ。

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com