愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼、週末には “カラーセラピスト・レイキヒーラー・ライター” として活動をしながら “自分らしく生きる” 事を探究する女子のリアルな話

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

光のかけら セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 光のかけら として新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックス)セミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

現在は自動車部品製造工場に勤務している。(2011年3月入社)

 

※2018年2月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのセッションの詳細は、ホームページから

 

光のかけら ホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

 

もしかして、陰で “クソ野郎” と言われているかもよ?

“本音を言わせない雰囲気を作っていない?”

 

息苦しくて嫌だ…(溜息)

 

“~しなければならない” とか…バリバリの義務感から来る物ではテンション駄々下がりだ。

 

マジでモチベーションが上がらぬー!!

(何とももどかしい!) 

 

※業務上どうしてもしなければならない事は別として。

 

私は気が短くてせっかちなので、ちょっとした事で直ぐにイラっとする。 

 

普段は出さない様にしているのだが、 “ひょっとしたら、顔に出ているかもしれない”

 

分かりやすいとよく言われる…(汗)

 

ここまで書いていて気付いた。

 

相手に本音を言わせていないのは、他でもない自分自身じゃないのか?と

(自戒の気持ちも込めて)

 

義務感から来てしまうと、それに身体が反応して緊張する。

 

先日の楽々塾にて “人に連絡しようとすると、相手からの反応が怖くて止めてしまう” 事を話した。

 

その後の結果と今月のDo項目は、こちらの過去記事から

bluedestiny619.hatenablog.com

 

もう少しDo項目を継続して、引き続き様子を観る事とする。

 

本題に入ろう

 

相手に本心を言わせないって言うのは、自分のエゴが出過ぎているって事だ。

 

 

要するに “構ってちゃん” って事さ!

しかもひねくれていると来たw

 

 

 参考までに前回記事

bluedestiny619.hatenablog.com

 

いい加減、認めたらどうだ!? 

 

まったく、素直じゃないんだから

 

そんなんじゃあ、一生掛かったって

自分の望み通りの人生なんて、手に入れられないよ!!!!!

 

もっと自分自身が望んでいる事に、素直に貪欲にいようぜ!

 

それが出来なければ陰で “クソ野郎” と確実に言われて嫌われる

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

自分自身を認める事が出来なければ、“ただのウザい人” に成り下がる

“~してあげた” “こんなにしてやってるのに!” は求められてもない事(特に意識せずに出来る事)に対して感謝しろ!と言っている様なものだ

 

文章の冒頭から色付けすることになるとは…露ほども想像していなかったよ(汗)

 

それ程までにこの言葉に、私は腹を立てているという事なのだよ!!!!!!!

 

※実際に言われて苛められた経験あり

 

それはこっちのセリフじゃ、ボケぇ!!

 

そう言っている、あんたの方がウザいんだよwww

 

 

(言葉遣いがお下劣だったので、ちょっと上品にしてみる)

 

おほん!失礼…言葉が過ぎたようで

 

なんならそのセリフ…そっくりそのまま、お返しして差し上げますわよ!?

 

覚悟はよろしくて?

 

 

えっ!それは嫌だって!?

 

だったら、今後一切

してあげた(やった)なんて言葉、口が避けても言うもんじゃないわよ!!!!!

 

分かったんなら、さっさと私の前から立ち去って頂戴!!!! 

 

 

でもその前にちょっと言わせてもらうから、耳の穴かっぽじってよく聞きなさいよ!

 

第一なんでこんな言葉を言うか、理由は自分で分かっているのかしら?

 

まぁ…理解できていないから、いつまでも言い続けている訳よね?

 

“私はこんなに頑張っているのに認めてくれない” “努力を認めて欲しい” が根底にあるのよ。

 

いわゆる “承認欲求” ってものよ

 

人から認めてもらおうとするんじゃなくて “自分で自分の事を認めてしまえばいい” 

それだけの話よ? 

 

大体さぁ、他人から影響を受け過ぎてるよね 

 

“これだけ頑張っているのに” と相手に向けるんじゃなく、“私これだけ頑張った!” と自分自身のやった事をただただ受け入れる。

 

それさえ出来れば、“ウザい人” からあっさりと脱却できる

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

人を信じ切れなくても向かって行く

 “人間不信が根底にある私にとって重要な向き合いのテーマ”

 

過去の恋愛もちょっとした依存関係だったのかもしれない。

 

“世の中って所詮こうだ” “男なんて” “女なんて” …探せばキリが無くなるが、世の中全てを舐めて掛かっているから、この様な決め付けがデフォルトになるのだ。

 

まったく…なんてつまらねぇ生き方してんだよ!

 

そんなシケた生き方してる奴とは、私は付き合えないなwww

 

何故なら、“相手の事を知ろう” と意識していないからだ

 

参考までに過去記事

性に関する事を綴った記事だ

bluedestiny619.hatenablog.com

 

私は “人生全般に対して舐めて掛かっている人間” が嫌いだ。

 

子供の頃からその部分は全く変わっていない。

 

それ故に熱血キャラクターと言われる事がある。私からしてみると、“一度きりの人生なのに、全力で楽しむ気が無いのか?” と疑問に思うのだ。

 

“そんな風に死んだ様に生きていて、何かメリットでもあるのかい?”

 

自分の頭で考えず、人の意見に流されて、誰かのせいにして愚痴と言う名の猛毒を撒き散らしてトンズラをする。

 

 

卑怯者めがっ…!!!!!!!!!!! 

 

いい加減、外野席から降りてさ…自らマウンドに立ってみやがれってんだよ!!!!!!!

 

自分の思う様に生きていきたいのなら、人のせいにして勝手に腐ってる時間なんてこれっぽっちもねぇんだよ

 

究極の時間の無駄だわwwwwwww

 

付き合いきれんわ、マジでw

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

女同士のコミュニティがとても苦手だ

“昔から苦手な事の一つ”

 

女なのに女が苦手と言う矛盾

 

“どちら様でしょうか?” “何の事?” と言わんばかりの呆けた表情で、きょとんとされるのはこちらも対応に困る…

 本音を言わせていただくと “あの…もう帰ってもいいですか?” と一言言って即刻その場を離れたいのだ。

 

私に用事があった訳ではないんでしょう?これ以上この場に居ても仕方がないので、帰ります。

 

時間の無駄なので!

 

他の方と話題が盛り上がって、そっちのけにされたまま時間だけが虚しく過ぎ去るのは究極の(時間の)無駄である

 

バカなの??????????

 

私に一言も話題を振る事もなく、話をひろげる努力もしないでその場に居座らないでくれ!!!!!!!

 

シカトはマジでやめろ!!!!!

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

私が同級生を嫌う理由

“いわゆる過去のトラウマと言うヤツ”

 

私にとっては暗黒時代とも言える、学生時代の忌々しくて苦い経験。

 

小学6年生の頃、クラス全員の前で “公開処刑” に限りなく近い、それは酷い仕打ちを受けた。

 

当時学級委員を務めていた私は、学活の時間に前に立って話をする事になった。

 

しかし、中々意見がまとまらずに席に座っていたクラスメイト達からイライラをぶつけられた

 

“あんた学級委員なんでしょ? 何とかしてよ! !!!!” と言わんばかりの威圧感。

 

私はどうする事も出来ずに震えていた。

 

そしてそんな事はお構い無く、容赦なく更なる追い打ちをかけてくる同級生

 

そんなに私が悪いのか?と自分自身を責めていた。

 

気が付けばクラスメイト全員の前で泣いていた

 

とにかく直ぐに消えてしまいたかった…

 

書きかけていたこの記事を見て、肚を眺めていたら感情のエネルギーが出てきた。そして次第に悲しさと怒りが込み上げてきた。

 

“何で私ばかり責められるの?” “私ばかりに責任を押し付けないで!” 

 

この言葉が口をついて出てきた後、気付いたら涙が流れていた。

 

仰向けになった状態でとにかく味わう事に専念した。

 

昨日は、きしくも楽々塾の日だった。

この記事を書き始めた当初は、まさかDo項目(宿題)になるとは思ってもみなかった。

いつかは取り組むと思ってはいたが、こんなに早い段階で出てくるとは!

 

せっかくなので、今月のDo項目にした。

ちなみにDo項目は “同級生にいじめられていた時を思い出して味わう” だった。

 

※補足:昨日の楽々塾のシェアにて、講師から上のこの部分を “Do項目にしますか?” と訊かれ、“やります!“ と答えた結果である。

 

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

偽善者になんかならない

「可哀想に」なんて言ってる奴は、相手の事を侮辱している”

 

少なくとも、いい大人を相手に使う言葉ではないよねw

 

こんな言葉も嫌いである。参考までに過去記事を

bluedestiny619.hatenablog.com

可哀想って同情の気持ちからくる言葉なんだってさw

気になってGoogle先生に訊いてみたよ!

 

ちなみに同情って言葉も嫌いw

 

何故嫌いかって?

要するに、

 

相手の事を上から目線で馬鹿にしてるって事だからだよ!!!!!!!

 

そんなにマウンティングしたいのかね? 

そんなの意味がないってさ!!!!!

 

やればやる程、“私は欲求不満です” って言っている様なものだ 

あなたにしてみれば、さもいい人の様に心配しているつもりでいる様だけど。

 

それ…全く逆だから!!!!!

 

そういうのを偽善者って言うんだよ!!!!!!!

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com

来年度に向けて、引っ越し計画中

“今年度が始まったばかりなのに来年度の話”

 

山口家、引っ越し計画始動!

 

それに向けての断捨離計画を実行しようしている所なのだが…

 

“何故、今年度ではないのか?” との問いが出てくるだろう

 

我が家が町内の担当の組の組長となった為である。

 

誰だ?山口組って冗談を言った奴は!!(暴力団じゃあるまいしwww)

 

別名:ボロ家、脱出計画

またもストレートに言い過ぎw 

 

築年数が既に40年を超えており、暖かくなると様々な虫達が出てくるのだ。

 

過去に毛虫・シロアリ…虫以外では、ネズミも出没した。

 

“虫、大っっっ嫌い!!!!!!!”

昨年の初夏、台所にゴキブリが出没し虫嫌いの私は “ギャーギャー” と一人で騒ぎまくっていた。 

 

 その様子を見た母は、 “それ位で騒ぐな” と言わんばかりに冷めていた。

 

しかし一度では終わらず、二度目があった。

 

母といた時に引き出しを開けた瞬間に、黒くうごめく物体が…

 

“ブラックキャップ、買ってくれ!!!!”(必死)

(その後、近所のドラッグストアにて購入)

 

お陰様で設置後、黒い物体とご対面していない。

 

結論:虫は無視できない(ダジャレかよww)

 

 

もれなく、害虫を雄々しく駆除して下さるメンズを絶賛募集中である。

 

その前に転居先の物件を探す方が先になるのか…

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com