愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

 

自動車関連の工場に勤務。

 

元・セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックスセミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

2018年12月 セラピスト活動を完全休止。

2019年1月 工場勤務兼ブロガ―として活動に専念する。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

現在は自動車部品製造工場に勤務している。(2011年3月入社)

 

※2019年1月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

 

 

 

 

起伏の激しさが増す状況を受け入れて

“本業の仕事にて所属部署が閉鎖”

 

実は昨年から現在の所属部署が閉鎖する方向と言われていた、今回正式に決定した事を報告すべくブログを綴っている。

 

私が現在の部署に異動してきた2017年と比べるとかなり楽になってきた。

 

途中新たに追加した製品もあったが、それは今年の初めから他の部署に移管した。

 

その後は元々私の部署で外観検査を行っていた製品も、今後は私の職場を通さず直接加工屋で外観検査後、直ぐに加工を行う流れになる。

 

2月の第二週目は、私の後輩にあたる女性の社員と私の部署のリーダーの2人で、3日間加工屋にて外観検査の指導をしに行っていた。

最終日に外観検査の実技試験を行い、外観選別員全員が合格したとの事だ。

 

外観検査の指導を終えた翌日、午後からの仕事前に課長より今後の予定を口頭で伝えられた。

 

これにより、再来月から今まで外観検査をしていた製品の選別を中止する予定となった。そしそれは所属部署が実質的に無くなる事でもある。

 

そうしたら、気になるのは “その後の私の所属部署のメンバーがどこに行くのか?” である。

 

現段階では明確な言葉はまだ出ていない。

 

それまでの間は “目の前の仕事を淡々とこなすだけ” である。

 

 

 

 

ファンクラブ会長新潟支部(仮)としての意識

“新潟の地で9mmのライヴを見たい!!!その思いが募った結果が…”

 

タイトルの最後、(仮)って何だよwwwwww

 

先月の起業塾の場で、新潟に2020年現在9mmがライヴに来なくなった事実を話した。最後に訪れたのは、2015年の10月である旨も併せて伝えたのだ。

 

その思いを先日行われた、起業塾のフォロー会にて話をしたところTwitterの話が出て来た。

 

“あ、Twitter放置してた…(汗)”

 

セラピストの活動を辞めてからアカウントを削除していたTwitterを再開させた。私の個人名で出している。

 

だが再開させたものの、9mmのオタク。もとい9mmの自称ファンクラブ会長(新潟支部長)としてやることはと言うと…

 

“あ、発信が…(汗)” 

 

といった感じで、投稿が進んでいない

 

ちなみにこのブログのリンクも、9mmネタの記事を更新した際には、Twitterでも発信している。

 

Twitter単体でも発信しよ~←今更感w

 

 

 

音楽に関する習い事を始める為の準備を進めて

“譜を読めない女がドラムを習おうと考えてる話”

 

昨年更新したこちらのブログ記事で、譜が読めない事を綴っている。

学生時代の成績について綴った記事だ。

 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

そんな私でも何かしらの形で “大好きな音楽と関わりたい” と昨年から密かに考えていたのだ。はじめは地元の近郊(新潟市新発田市)でドラム教室を探してみたが、なかなか決心が付かず。

 

そんな時に9mmのドラム、かみじょうちひろがドラム教室を開講した事実を知ったのだ。

 

こちらの過去記事の後半で詳しく綴っている。

 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

何故、推しバンドの9mmのドラマーである、かみじょうちひろ本人からドラムを習いたいと考えたか? 

 

ぶっちゃけ、単純にドラムを習いたいのなら新潟でも出来るよ。

でもさ…どうせ同じドラムを習うならば、出来得る限り “好きなバンドのメンバーから直接習った方が、なおモチベーションが上がると思わないか? ”

 

そう自らに問いかける…までもなく瞬時に肚のレベルで決めていたのだ。←早っwwwww

 

そこまで環境を整えたら、いやたとえ万全に整ってなくとも

 

 ぜっっっっっってーーーー(絶対)上手くなってやる!!!!!!!!

 

って意識が立ち易くなるのではないか?とも思ったのだ。如何だろうか?

 

これを読んでいるあなたに問う。

あなたは今、とてもやりたい事があるとする。だが現実には物事が一向に進んでいない状態だと仮定する。

 

 

それでも “本気になれない” とか “自分なんかとても…” etc…なんて思っているとしたら、それらはすべて言い訳だ。

 

“自分なんかとても…” って、そんなところで遠慮なんかしてどうするの?実際にやってみなければ分からないよ?

 

行動する前から “本気になれない” なんて言ってどうするのだ?先ずは徹底的にやってからその上で、実際にそうなってから言ってもらいたい。

 

今まさにやりたい事があるにもかかわらず、不安や恐怖心から二の足を踏んでいるそこのあなた。

“それ、始めるにしても今からでも遅くは無いんじゃないの?” と私は更に問いたくなる。

 

そして “本気なれない” と言っているあなた。一度徹底的に、それこそ “バカが付く程に” やってみるといいよ。

 

私も音楽に関して、勿論作家もどちらも諦めない!

10月に富山へライヴ参戦決定!

“新たに決意してプレイガイド先行でチケットを入手”

 

 前回のブログ記事で富山で行なわれるライヴに、モバイル会員先行予約にて申し込んだ結果、落選した事を綴った。

 

プレイガイド先行予約への申し込みも、母からライヴに行く事を否定されていた事情もあって、前回ブログを更新した当初はかなり躊躇っていたのだ。

 

ああ、またも人目を気にし過ぎている…そして自分自身の欲を出す事さえも止めていたな

 

参考までに前回記事

bluedestiny619.hatenablog.com

 

しかし、やっぱり “ライヴを見たい!” そして富山で観光も楽しみたい!との思いが湧き出て今回申し込みを決意し、実行する事が出来たのだ。

 

路面電車に乗りたい!” “活きの良い魚が食べたい!”  等の欲が出て来た。

 

旅行やライヴで遠征に行く事が決まってからは、ライヴに行く途中の食べる事と、駅に到着してからの移動の事ばかり考えているなぁ…

 

【ライヴの申し込み~宿泊するホテルの予約までの流れ】

 

私の場合はチケットの申し込みの前に、会場までのアクセス方法(交通手段)を調べて検討した上で申し込む。

その後、ライヴチケットを入手したら、その後にライヴ会場近辺のホテルを検索して予約している。

 

まだライヴまで期間がだいぶ空いているので、ゆっくりと検討して行く事とする。

先ずは、来月に迫った渋谷での「カオスの百年」参戦の前後に寄る場所をピックアップする方が先だ。

 

何れにしても楽しみである

 

モバイル会員先行申し込みで落選?

“モバイル会員先行予約申し込み後、一週間程経つが音沙汰なし”

 

メールやイープラスのアプリでも “何も知らせが出ていない…”

これって落選なのか?それとも何かしら漏れがあったのか原因は分からず仕舞い。

 

富山でのライヴが行われるのは10月。もうすぐプレイガイド先行予約が、その後に控えているのだが…現状、踏ん切りが付かずにいる

 

先行予約の申し込みを躊躇っている理由は、母からお金の使い方に関して注意を受けた事である。

それはもうヒステリックに感情を乗せて言われたのだ。

 

しかもライヴの事だけではなく、挙げ句の果てに私が通っている起業塾の事までも反対してきたのだ。

 

母と2人きりのその場では、お金の事実を話す以外は黙って聞いていた。

 

その後、母が部屋を去った後にどうしようもない悲しみと怒りが出て一人泣き叫んでいた。

 

何時とは明らかに違う異変に気付いた母が私の部屋に入ってきた

 

その一瞬、私は目に涙を溜めながら母を睨み付け “来るな!!!!” と言い放った。この時は前後に何を言ったのか実はハッキリと覚えていない。

 

話が逸れてしまった。

 

10月の富山のライヴはもとより、3月の東京・渋谷での「カオスの百年」も正直なところ “母に言い出しにくいなぁ” と感じているところだ。

 

 

富山での全国ツアーを申し込んだ理由

“新潟と東京以外でライヴ参戦を決めた理由”

 

参考までに前回記事

 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

富山は知人と何度か訪れた事がある場所だ。

その当時は勉強する目的で訪れていた為、それが終わったら直ぐに新潟へとんぼ返りしていたのだ。

 

毎回、新潟へ帰る道すがらにふと “いつか富山に観光目的で行ってみたい” との思いを巡らせる程になっていたのだ。特に富山市内は一番行く機会があったと記憶している。 

 

丁度9mmが今回、全国ツアーの地として富山を訪れる事を知った時には “やったー!!!” と自分の心が躍っていた。

 

しかもライヴの会場は富山駅から程近い場所にある。富山駅前に数回行った事があるのが決め手だった。

 

まだ抽選結果が出ていない為、結果は首を長くして待つこととする。

 

 

念願の9mmのワンマンライブ “カオスの百年” 参戦に向けて

“3月に若者の街、渋谷まで9mmのライヴを観に行く”

 

しかも初のワンマンライブへの参戦だ。場所は渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)である。

 

今回はモバイル会員先行予約があった為、試しにそちらに申し込んだ。余談だがモバイル会員には昨年の8月から入会している。キャリアから格安SIMに乗り換えるタイミングで会員登録した。

 

その結果、見事に当選した

 

“やった!!!!モバイル会員に入った甲斐があったわ!課金最高!!!!” と心が踊り出していた。

 

肝心のチケットは、ライヴが行われる3月中旬に郵送で送られてくる。それまでの間、どの席になるかは届くまでのお楽しみ。

 

通常の先行予約もあったが “せっかく会員になったのだから申し込もう!” と言う心の声に従った。

 

どうせ同じライヴに参戦するなら “なるべく良い席でライヴを満喫したい!” と思っていた事と、“一般販売が始まるまで、待ち切れない!” と逸る気持ちが交錯した結果の行動だった。

 

しかしいざ当選が決まってからと言うもの、ホテルの予約で頭を悩ませた。

 

平日にも関わらず、宿泊料金が14000円位とか…高いわっ!!!!(震)

 

近くで “もう少し安いホテルはないか?” と探していたところ、13000円代のホテルを見つけて、ホームページから宿泊の予約をした。

 

しかも比較的新しく出来たホテルだったので、外も部屋の内装もとても綺麗である。

 

めっっっっちゃ楽しみ~~!!!!

 

あ…でも私、渋谷駅から外へ出たことないや…(汗)

ヤバい!揉みくちゃにされそうな予感がぷんぷんしてくる…

 

カオス!!!!←ライヴのタイトルにも入ってるw

 

渋谷に行くと決まっただけで既にカオス!

 “カオスの百年” なだけに…

 

更に、このライヴの後に全国ツアーが行われる事が決まった。しかしまたしても、新潟に来ない…

 

全国ツアーでは新潟の近くでは、金沢・富山・長野(何れも10月)に来る。

 

この3つの都市の中で行けそうな所は?と考えて、移動の手段やライヴ会場のアクセス等を調べた結果。富山のライヴに申し込みをした。こちらもモバイル会員先行予約での申し込みだ。

 

長くなったので、なぜ富山に決めたか等の理由は改めて綴る事とする。