愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

 

自動車関連の工場に勤務。

 

元・セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックスセミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

2018年12月 セラピスト活動を完全休止。

2019年1月 工場勤務兼ブロガ―として活動に専念する。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

現在は自動車部品製造工場に勤務している。(2011年3月入社)

 

※2019年1月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

 

 

 

 

見知らぬ土地に恋して

“私が旅に出る理由”

 

未だ見た事のない世界を見たいから

 

一言で纏めるならば、そんな感じである。

                   ↑               ↑               ↑                     

とは言えこれだけで終わってしまうのは、(たったの三行だけw)あまりにも短過ぎるので詳しく綴ってみる。

 

私は子供の頃から飽きっぽいのか、音楽やら漫画・本の趣味趣向が定まらなかった。

あっちへフラフラ、こっちへフラフラしてばかり。

 

自分軸が定まっておらずブレブレの状態www

 

私の心に絶大なインパクトを残す程の物は、なかなか見つからずにいた。

 

20代の後半までは…←それは音楽の話だろ!

 

ではなく、今回は旅行の話。←前置き長っ!(突っ込み2度目)

令和初の更新も通常運転w

 

昨年の秋までは、一人旅をした事がなく誰かと一緒(家族・親戚)だった。

 

都会に行きたいと思っていても、自分の好きな所を伝えたら却下されると思っていた。

 

まぁ、そもそも旅行自体ほとんど行く機会が無かったが。

 

話を元に戻そう

 

生まれてこの方30数年間、新潟の外から殆ど出た事の無かった私。

 

県外に行きたい所が在っても、なかなか行く事は叶わなかった。

 

本当は “田舎に飽き飽きしている” にもかかわらず、だ。

 

このゴールデンウィークの休暇で、ハッキリした事象である。

 

やっぱり田舎過ぎる場所は私には無理!!!!!

 

車を運転している時、不安しか出て来ないし挙げ句の果てには挙動不審になる。

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

もうダメだ…

 

とは言え、都会過ぎても疲れる(のか?)

 

まだ確認出来ていない部分が多いので、この辺りは今月の旅行で実証実験する予定だ。

 

 

一体 “何処で暮らすのが最適なのか” を模索する為ではないが、直感で “ここだ!” と思った場所に行き、その雰囲気をしばらく体感してから住むなんてのもありかもしれない。

 

 

 

“人生は思い通りになる” と信じて進め

“自分と向き合う度に自分の本音に気付く”

 

もうすぐ平成が終わり新元号 “令和” に変わる

 

平成最後なんて言葉ももはや “使い古された感” しかないが、それにしても30年間長いなぁ~。

 

平成に変わって直ぐの頃に小学2年生(その年の4月から小学3年生)の私も、初老と呼ばれる年齢に近づいている訳だ。

 

個人的には “平成最後” よりも、私自身の “30代最後” の方にしか関心がない←酷いw

 

元号の予想とか、さほど関心持ってなかったw

 

何故かって?

それは選者がセンスよく選定する事だろうから

お任せで♪ 

 

第一、そんなものを素人が勝手気ままに予測するとか狂気の沙汰だ。

 

ここまで元号の話ばかりになるとは…

 

いざ “令和” 元年が始まったら、“昭和” なんぞはかなり “古く” 感じるのだろうか?

 

世にも恐ろしい…←昭和生まれが言う台詞かw

 

この新たな元号の新しい時代、“自分の思う様に生きる” そしてそれは必ず実現すると確信している。

 

 

 

延期された東京旅行

“母の体調不良(網状皮斑)の余波で、大事をとって延期”

 

本来ならば、今頃は母と東京・日本橋を旅している所なのだか、上記の理由で延期した。

 

今回はそこに至るまでの経緯を綴る事とする。

 

事の始まりは先月、母に花粉症の症状が出た事がきっかけである。

 

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ等の症状が出ていた為、市販のアレルギーの薬を飲んでいた。

 

そしてある日、いつもの様に飲んでいたら服用後直ぐ、突如皮膚に赤い斑状の模様が出て来たのだ。

 

痒みはほぼ出て来ない。

 

腕と脚の広い範囲にわたって出て来た、赤い斑模様。顔にも少し出ていた。

 

様子を観る為に、直ぐには病院に行かなかった母。

 

薬に対してアレルギーがある為、その影響かどうかを観るためだ。

 

しかし、なかなか引かない…

 

そして地元の総合病院を受診し、血液検査を受けた。一昨日はその検査の結果が出た日だ。

 

初診の段階で “網状皮斑” と診断され、それが病的な物か体質的な物かを判断する為に血液検査を受けてきた。

 

結論:異常無し

 

4週間後に、母と東京親子旅!

 

 

 

“最悪” なんて言葉を簡単に使うな

“そうそう最悪なんて思う事ってあるの?”

 

 いちいち大変だねぇ~(他人事w)

 

 私、

人の不幸自慢には一切興味ないんで

 

そんな趣味に付き合うほど、こちらは暇じゃないのでねw

 

おふざけはここまでにして本題に入ろう。

 

タイトルの通り “最悪” と言う言葉はそうそう簡単に使うものではない。

 

しかしながら、現実はと言うと…

“最悪” と日常的に口にしている人の多い事!私の周りにも実際にいる。

 

その人の顔を見ると、何をしていても幸せそうに見えなくなる。

 

まぁ、そんな事を言っている人に限って周囲の不満や愚痴日常的に吐いているものだ。

 

現状への不満や鬱屈した思いをぶつけられても、迷惑なだけだから!!!

 

こちらから言わせれば “最悪な人生を自ら選んでいるだけ” なんだよね

 

“そこのところ、理解してる?”

 

“最悪” と言うのは敢えて言うならば、志半ばで自分が死ぬ時だろうか。

 

逆に言えばそれ以外は “最悪” じゃない!

 

ほら、よく言うでしょう?

 

「死以外は最悪ではない」

って

 

とは言えそんな私でも、最悪な場面でない時に、つい口をついて出てしまった事があった。

 

“本心は違うんだからね!最悪なんて思ってないんだよ!!”←必死

 

何故なら “死ぬ事以外はかすり傷” って思ってるんだから!!!!!

 

あぁ…何だか無駄に熱血キャラを発動し過ぎて疲れた…

 

もういい加減、休むわ~wwwwww

 

結論:“最悪” と言う言葉を使えば使うほど、自分自身が “楽しい” と感じられなくなる 

 

 

自分の人生に彩りを添える為に

“気に入った人物にオファーが出来る様になったら…”

 

勿論、自分の好みのイケメンをオファーしますが何か?

 

こんなシステムがあるなら最高だ!!!!!!!!

 

こちらの過去記事に登場した、20代の派遣社員の事を思いながらそんな事をふと考えていた。 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 参考までに、こちらの過去記事も

bluedestiny619.hatenablog.com

あぁ…撫で撫でしたくなる~(変態w) ←いい加減、現実に戻れw

 

だが、親しくしている後輩の男性派遣(同年代)と一緒にいる為、中々近付いて話をする機会も持てずにいたのだ。

 

まぁ、男同士積もる話もあるだろうと、大人の器量で静観していた。

 

だがその反面、肚の中ではイライラしていたのも事実である。

 

しかし、ここで思わぬ出来事が…

 

仲の良かった、その後輩の派遣社員が先月末を以て退職した。

 

やった!!!

再度、気になる人に近付くチャンスが到来!!!

 

行くぜ!!!野郎かよwww

 

話を元に戻そう

今の時代はパートナーを選ぶのも、女性からオファーした方が上手く行くのではないだろうか。

 

 

 

 

 

現状の把握は出来ているか?~日本のヤバい事実について考える~

“現在の日本の残酷な現実を受け入れているかい?”

 

先日、Facebook上でシェアされていた記事を見てハッとした。今回はその記事を見て感じた事を綴る事とする。

 

参考までにリンクを貼りつけておく。

otoriyosegurume0141.com

 

農薬の使用量・若者の自殺率・家事をしない夫…この辺りは比較的容易に想像できるであろう。

 

寝たきり・精神病院の数・食品添加物の数(!)・残飯廃棄量・ペットの殺処分・遺伝子組み換え食品・水道水の塩素濃度に関しては、想像を遥かに超えていたのだ。

 

周りを見渡せば右も左も病んでいる人ばかり…普段口にする食べ物や水の質も粗悪なら病は避けられない。

 

医療にしても医者はすぐに薬を出したがるし、ろくに患者の事を診ない。

 

癌に罹ったらすぐ抗がん剤…薬物中毒者が大量生産される社会

 

冗談じゃない!!!!!!

 

そうならない様に食事に気を使おうにも、有機野菜やオーガニックの物は割高である。

表示されていたとしても、それが100%安全安心と言う保障もない。(何しろ、安全性を証明するエビデンスを出していない)

とは言えこだわり過ぎても、それはそれで病んでしまう。

 

老いも若きも皆病んでいる…

 

本当に生きづらい世の中である。

 

だが、先のリンクで綴っている事の全てが正しい訳ではないのだろうが、(一部誇張した表現の箇所がある為)完全に出鱈目とも言い切れないのが事実だ。

 

しかし、これを読んで自らの生活の足元を見直すきっかけになれば幸いだ。

 

 

 

 

本音を無視しない~自分の欲に気付く~

“向き合い続けてきた中で湧き出て来たもの”

 

特に今年に入ってからは、東京に行って来る機会を自ら作りだした。その上、秋にはライヴに参戦する。

 

ライヴに関する事は過去記事のリンクをご覧いただきたい。

bluedestiny619.hatenablog.com

 

ちなみに対バンとして “凛として時雨” が出演する事が決まっている。

 

今現実は、ライヴの前後に何処へ行くかを考えている途中だ。

 

何しろ東京は地下鉄と私鉄が複数ある為、どの路線で何処へ向かうか考え出しているが、正直なところ選択肢が多過ぎて混乱している。

 

ライヴの翌日に三軒茶屋から下北沢までバスで行こうと思い立ち、バス会社が何処かをGoogle検索してみたところ、小田急バスの路線である事が分かった。

 

“あー、小田急ねぇ~” と考え出してから、

小田急小田急……オバQ…(爆)” 

 

 

しまった!脳内が混乱したっw

小田急の事で頭が一杯になったばかりに…(汗)

(※注:お化けのQ太郎をご存知の方は、恐らくやらかす危険性があるw)

 

話を元に戻そう

 

下北沢に到着後、駅に向かい私鉄に乗ろうと考えていた結果

 

小田急小田原線で新宿へ

京王井の頭線で渋谷へ

 

この2つのルートが選択肢として出て来た。

(東急田園都市線は予定通り避けた)

 

どちらも若者が行く街という印象だ。渋谷は言わずもがなと言ったところ。

 

体がアクティブに動いている今、訪れてみたい場所である。

 

せっかくの一泊二日の一人旅。しかもプライベートで、そしてメインがライヴ参戦だ。

 

初の県外でのライヴ参戦でもある。

 

“一人で行きたい場所へ行く、自由自在に” と言う願いが、また一つ実現していく。