愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

プロフィール

山口洋子(やまぐち ようこ)

 

自動車関連の工場に勤務。

 

元・セラピスト TCマスターカラーセラピスト・レイキヒーラー

2012年 TCカラーセラピスト取得。2013年 TCマスターカラーセラピスト取得。2014年 新潟市東区のレンタルスペース “Yumeスペースひだまり” にてセラピスト活動を開始。

 

同年7月 Yumeスペースひだまり主催のイベント、「ひだまりまつりVol,6」。2015年 4月 「大人女子による大人女子のためのYumeリゾート会」に出店。

 

2015年 8月に個人名義である当ブログ(愛と自由を携えて生きる)を開設し、文章による発信を強化する。

同年12月に父が4年間の闘病生活の末に、亡くなる。

 

2016年1月 セラピストとして、自分自身の感情に向き合う事を決意し 「リメンバランス(旧 心のデトックスセミナー」に参加する。その後、レイキのアチューメントを受けて以降、瞑想とレイキヒーリングを取りいれた生活を送っている。

 

同年秋以降、本業である自動車部品製造工場での、度重なる部署の異動に伴う職場環境の大幅な変化を体験する。

 

2017年8月 楽々塾(第三期)に参加。

2018年2月 第二クール突入。

2018年12月 セラピスト活動を完全休止。

2019年1月 工場勤務兼ブロガ―として活動に専念する。

 

 

~生い立ち~

1980年 新潟県阿賀野市(旧水原町)生まれ

幼少時からの度重なるイジメがきっかけで、小学校高学年からは人間不信に陥り自殺を考える。

幼少時の詳細なエピソードはこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

中学二年の時、当時の担任の人柄と熱意のある指導でイジメが解決し、クラスの雰囲気が劇的に変わった。

その後、それまでの学校生活とはうって変わって楽しみながら勉強、部活に励む日々を送る。

中学二年・三年生の頃の詳細はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

 

地元の高校に進学してからは、アニメ・漫画に加えてテレビゲームをする様になった。ゲームのグラフィックデザイナーに興味を持ち、デザインの専門学校進学を目指すも経済的事情から断念する。

 

ビジネスの専門学校一年制の学科へと進路を転向し、推薦入試で合格する。

 

専門学校卒業後、地元の工場に就職する。その後、製品や雇用形態を変えながらも工場の軽作業に従事する。

高校時代から20代の頃はこちらから 

bluedestiny619.hatenablog.com

 

現在は自動車部品製造工場に勤務している。(2011年3月入社)

 

※2019年1月現在

 

好きなもの

音楽(ロック)・読書(小説、自己啓発本、心理学)・自動車・ドライブ・歌

 

好きなロックバンド:9mm Parabellum Bullet

好きな作家:里中李生、石田衣良

 

 

 

 

 

 

 

“MFゴースト” 書評

“エキサイティングな走り屋漫画を読んだ感想”

 

あのヒット作の登場人物達も出て来る!

 

今年に入ってから、車好きが高じて読んだ作品がある。

「MFゴースト」(しげの秀一 作)である。

 

ヒット作である「頭文字D」を読んでいた影響もあり、今年直ぐに偶然にもネットで連載を知ってからは、すぐさま4巻まとめてTSUTAYA大人買いした。

 

やはりバトルシーンを読んでいると、つい白熱してしまう

 

レースの実況や参戦するドライバーの鬼気迫る表情、そしてドライバー達が繰る車の疾走する様子…

 

前作同様、食い入る様にページを見ていた。

 

やっぱりカッコいい!!

 

以下、読んで感じた事を綴ってみる。

 

こちらの作品では海外の有名なスポーツカーが多く登場する。(国産車は3台)

 

車としてはトータルバランスが取れていて且つ、“高出力の外国のスポーツカーでなければ勝てない” と言う考え方に行き着くドライバー達。

 

“本当にそれで勝てると思っているのか?”

 

こんなんだから “リッチマンズレギュレーション” って視聴者から揶揄されるんだよ!!!!! 

 

しかも、主人公以外のドライバーの殆どはどこかMFG(作中のドライバー達が参戦する公道レース)の事を軽く見ているフシがある。

 

“素人とロートルしかいない” (by ミハイル・ベッケンバウアー)と言わせる自動車レースって何なの?と

 

今更ながら、主人公の名前出すのを忘れていたw

 

主人公はカナタ・リヴィントン。日本とイギリスのハーフの19歳。

 

本国のイギリスで名門のレーシングスクールを首席で卒業している

 

父を探す為に日本の地に降り立ち、公道レースである “MFG” に片桐夏向として参戦する。

 

先に出したドイツのシュツットガルトからの刺客、ミハイル・ベッケンバウアーとのバトルが、どの様な形で展開されるのかが個人的には楽しみである。

 

 

 

私が自らをエッセイストと名乗らない理由

“エッセイと言う物自体に価値を感じていない?”

 

エッセイの意味を知ったのも、恥ずかしながらつい最近の事である。

 

それまでは、エッセイと言う物に興味・関心は全く湧かなかった。

 

ブログで文章を綴る様になってから、自分の綴っている文章が、一般的にどの様なカテゴリーに位置しているのかを知りたくなり知人に訊き、自分でも調べてみた。

 

 

まさか、自分の綴っている文章がエッセイに分類されるとは思いもよらなかった。もう、正直言ってあっけに取られている次第だ。

 

想定外キター!!!!!!!!

 

とは言え、私が感じたエッセイのイメージは “ゆる~っとした雰囲気の日常が綴られている” と言った感じだ。

 

私の場合は、おそらくその方向性とはかなり違う所に、ベクトルが向かっている様に思えるのだ。

 

そんじょそこらのエッセイストではございませんよw

 

それこそ、私の様に頭のネジが数本抜けてる様な人間がエッセイストと名乗るなんて…

 

何とおこがましい事か…

 

何しろ私は工場勤務をしながら、私生活ではロックに狂いまくるアラフォー女子のブロガーなんでねw

 

 

 

 

 

 

破壊と再生を繰り返す~ロックとロマンの必要性~

“一旦すべてを壊してしまわないと、新たな物は生まれない”

 

音楽も退廃的な曲に惹かれる

 

スクラップアンドビルド” などと言うが、既存の(使い古した物を)一旦整理してから再構築する。そんな解釈で私は捉えたのだ。

 

更地にしてから、土台を作り直して柱や壁、窓・扉・床等を作り上げていく。

 

建造物で例えてみるとこんな感じであろう。

 

話を元に戻そう

 

短絡的に破壊を “悪” と見なすのは拙速である。

 

古く朽ち果てた物を畳み、そこからまた新たな物を創造する。人生はその連続なのだ。

 

“輪廻転生” とはよく言ったものだと。

 

ロックを聴いていると、その印象を強く受ける。退廃して行く様を見事なまでに表現しているからこそ、ロックに強烈なまでに惹かれると言ってもいいだろう。

 

攻撃・刺激・退廃…

 

この三つの要素を絶妙に加えているロックミュージックが、最強だと個人的に思っている。

 

その要素を強烈に感じられないロックバンドや楽曲には、正直言って興味の持ちようがないのだ。何故ならそこには、ロマンやドラマティックな要素は欠片も見当たらないからだ。

 

何もかも残念だな…

 

私にとっては、ロックとロマンは切っても切れない関係である。

 

 

 

 

 

 

 

共に居て疲れない関係性を永続的に

“出来る限りストレスを減らしたい”

 

それは全ての事象について言える事だ。

 

特に30代に入ってからは、その思いが強まって来た。

 

“出来ない事は辞める”

“不快な行動・言動をする人間から距離を置く”

“快適な環境を整える”

 

大きく分けてこの三つである。

 

※余談【最近起こった不快な出来事】

今年に入って直ぐに、インフルエンザA型に感染した。年末年始の休暇の途中から感染し、仕事も二日程休んだ。

 

インフルエンザから回復して出勤し、いつもの様に昼休みに元の部署に寄ったところ、後輩の女性派遣社員から “うつさないでよ” とまるで病原菌の様な扱いを受けたのだ

 

正直な感想を言おう

 

“非常に不愉快だ!!”

このっ…差別主義者めっ!!!!(一喝)

 

もし、逆の立場になってテメーが同じ事を言われたらどう思うのかくらい考えろよ

 

全く想像力の無い奴だな…

 

話にならんわwww

 

“そんな思い遣りの無い人間に、こちらの貴重な時間を割けるかっての!!”

 

それこそ、無駄!無駄!時間の無駄だぁぁぁっ!!

(※注:無駄が大嫌い)

 

話を元に戻そう

 

先程の事例で、私に対して “病原菌扱い” をした派遣社員とは、この出来事が起きてから一切口を訊いていない。

 

向こうが挨拶をしても、一切無視をしている

 

“不快な行動・言動をする人間から距離を置く” 事を貫いている。

 

 

 

高収入を男性に求めるのは酷な時代である事を知れ

“心のあるATMに敬意を表さないなんてバカなのか?”

 

結婚してから、一家の生計の主となる伴侶に対して心から “感謝の気持ち” を口にしない人がちらほらいる様だ。

 

まぁそれ以前に、何故ごく近しい人に対して “ありがとうございます” の一言が言えないのか。私はそちらの方に疑問を感じるのだ。

 

“照れがあって言えない” のなら気持ちは分からなくも無い。

 

“言わなければならない事は、頭で充分理解しているのに言えない”

それは、過去の私の姿でもある

 

 

私も昔はそれが元で、人前で “お礼や感謝の気持ち”“ハッキリと伝えられなかった” クチだったからだ。

 

話を元に戻そう

 

それにしても、血の通った人間に対して感謝の気持ちが湧かないのは何故なのか?

 

それどころか今の時代は収入が上がらず、苦労している男性が多いのだ。

 

その現状を女性の皆様はどの様に感じているであろうか?

 

失職するリスクもかなりの確率だろう事を考えると、女性の側もある程度は稼ぎが無いと一家もろとも路頭に迷う可能性がある。

 

 

 

 

 

現実に失望し掛ける日々と過去の恋

“大好きな男性とのデートの後は、何故か必ず虚しさに襲われていた”

 

※過去の(リアルな)恋愛の話

 

ある人にとっては、かなりの衝撃を受ける可能性がある事をご了承いただきたい。

 

一生歩けない身体の男との恋愛とセックスの話

 

私の元彼氏は東京在住の自営業者だ

 

東京~新潟間の遠距離恋愛だった。

 

そもそもの出会いのきっかけはアメブロアメピグ)だった。

※現在は辞めている

 

(開設当時は)作家になる事を目指すべく始めたアメブロだが、始めたばかりの頃はブログの記事を書こうと思っても、意識がなかなか向かず気紛れにアメピグで遊んでいたw

 

開設した時は、まだ現在の職場に入社する前で無職だった。(2011年2月)

 

その一ヶ月後に、現在の職場に入社が決まり働き始める事となった。

 

 

その頃の文章は駄文しか書けず、言葉遣いも現在の様なきちんと感は欠片もない。

 

当時の記事はあまりの駄文ぶりに、恥ずかしくなり削除した。今はアカウント自体を削除した。

 

丁度同時期にアメピグで遊んでいた時に知り合ったのが件の元彼氏だ。

 

ネット上で初めて会った時は友人と一緒で、その流れで三人でチャットをしていた。

 

そして程なくして、二人きりでチャットをしてメールと電話でやり取りをして4か月後に実際に逢う事となった。

 

駅で実際に電動車椅子で移動をする姿を見て、これが現実の出来事だと確信したのだ。

 

幾ら相手が脊椎損傷で身体に障害を持っているとはいえ、喫煙も異性に対する恋愛感情や性欲もある、ごく普通の男性である。

 

ただし介護は必ず付帯する。

 

しかも初めて出会ったその日から性的接触があったのだから

 

それ自体は決して珍しい事では無いし、わりとある事であろう。

 

昼間の明るいうちから性交渉に及ぶ事の想定はしていたものの、実際にその場面となるとかなりの抵抗があった。

 

メールは毎日何通かやり取りしていて、電話もほぼ毎日掛けて話はしていた。

 

けれどもやはり、実際に話をしてみない事には相手の事実(リアリティー)を感じ取る事は出来ない。

 

そうでなくても、相手(元彼氏)の方は “思い込み” で “決め付けて” 話を進めるきらいがあった。

 

そこに違和感があったにもかかわらず、しっかりと向き合わずに放置していた。

 

 

私が言っても言動が改まる事はなかった上に、その場しのぎの “なあなあな対応” で済ませてまた同じ事を繰り返す。

 

その時の対応に関しては、私にも責任がある。

 

だが、それは自己否定に走ってしまうきっかけでしか無い。

 

今となっては、元彼氏を使って自己否定をしていた

 

件の彼と別れて、5年の月日が流れた現在。私は昨年から徐々にではあるが、自身の “性”“パートナーシップ” に向き合っているところである。

 

 

2019年は良好なパートナーシップを築く

“家族・職場・恋愛…パートナーシップの全てに於いて良好な関係でいる”

 

特に恋愛に関しては、現在特に力を入れている所だ。

 

2019年の私の大きな抱負は、一番上の括弧の中で綴った通りだ。

 

今年やりたい事は、 “東京へ母と泊まりで二人旅” だ。

 

現在、その計画を練っている最中である。

 

本日、交通安全のお守りを買いに隣街の神社まで家族で行ってきた。

 

その車中で “春になったら母と東京に行く” と告げたところ、兄から “俺、掃除なんかしないぞ” との一言 

 

予想通りの “片付けしない” 宣言に呆れを通り越して、もはや諦めの境地。

 

安定の面倒臭がり発動www

 

兄は日頃から、家事一切を母に丸投げしている身なので、何をどうしていいのか勝手が分からない。

 

私も人の事を偉そうに言える立場ではないが、いざと言う時は “やる” 方だ

 

一応、やればそれなりに出来る子なので…

 

話を元に戻そう

 

昨年は、家族と職場でのパートナーシップが劇的に変化した一年だった。

 

今年は特に “恋愛に関して本気で向き合う一年にする!” と決めて過ごす事としよう。