愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼、週末には “カラーセラピスト・レイキヒーラー・ライター” として活動をしながら “自分らしく生きる” 事を探究する女子のリアルな話

そして貴女はまた嘘を重ねていく

“それって子供の為じゃなくて、結局はお金の為じゃないの?”

 

この、詐欺師め!!!!!!

 

従兄弟とその嫁並びに嫁の両親との関係が最悪の事態に…

 

別れたい…ってそれは

むしろ従兄弟が言う台詞だわ!!!!!!!

 

あんた達の身勝手な行動のせいで、心を病んだ従兄弟に対して酷い態度を取るのか…

 

よくもまぁ、そんな事が平気で出来るものだ(さすが人でなし)

 

朝食の支度もろくにせず、まともな食事も与えさせず働かせる。そして夫である従兄弟の収入に文句を付けるのだ。

 

おまけに自分の子供の世話さえ、まともにやらない。

 

それに伴侶の心の病について理解しようともしないのだから、開いた口が塞がらない

 

そんなんで “家族です” “嫁です” なんて言えるのか?

 

マジでふざけてる!!!!!!!!!!

 

冗談じゃねぇぞ!!!!!!!!

 

嫁(離婚したので元嫁) の両親も揃って、自分勝手で無責任で理解の無い人だった。

 

家族総出で自己中心的なダメ人間ズwwwww

 

従兄弟が優しく穏やかな性格である事を利用して、そこに付け入ったクソな一家。

 

その結果、従兄弟は鬱病に罹り仕事も職場からの理解を得ながら、休職しつつ無理のない様に仕事を調整してもらい、なんとか出勤していた。

 

 

それに対して元嫁はと言うと、金遣いが荒く金銭管理どころか自分自身の健康管理さえまともに出来ないほど人格が破綻している。(糖尿病の持病あり)

 

病院からダイエットを勧められても一向にする気はなく、無駄にブクブクと太る一方で担当医から呆れられるほどだ。

 

ちなみに嫁の母親も全く同じだ。

 

元嫁の母親など、似合いもしない装飾品を買いまくり、どこへ出掛ける訳ではないにもかかわらず買った装飾品を身に付けているそうだ。

 

豚に真珠とはよく言ったものだなとwwwwwww

 

仕事が出来て秀でている訳では無く、むしろ仕事が出来ない・使えない方にカテゴライズされているのだ。 

 

従兄弟の母親(私から見たら叔母)の職場で働いた際の出来事、一人前の仕事もまともに出来ずに周囲に文句を言っていたそうだ。 

 

当然高い収入など見込めるはずもない。

 

あんた…いっその事、人生イチから出直してこいや、このクソババァ!

 

 

 

リアリティーライター×レイキヒーラー×カラーセラピストのホームページ

http://tc-hikarinokakera.crayonsite.com