読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と自由を携えて生きる

新潟で生まれ育ち。工場勤務の傍ら、週末だけのカラーセラピストとして活動をしながら “自分らしく生きる” 事を探究する女子のリアルな話

明日どうなるかなんて分からないからこそ

自由な生き方

 今年に入って早々、私のかつての上司が亡くなった

 

元旦の午前中、カラーセラピーの出店をする予定のカフェに向かう為に車を運転していた。

 

その途中の葬祭場の前を通った時、見覚えのある名前が書かれていたのだ。

 

普段から本業の仕事に向かう際に通る所だ。

 

目にした時は、“同姓同名の誰かだろう…そうであって欲しい” と思っていた。

 

仕事初めの日、職場のデスクに就いてから同じ部署の先輩社員から聞かされた。

その後行われた全体集会の最後、社長の口からも伝えられた。

 

 

まさかの出来事としか言えない。

 

“人生は一度きりしかない”

 

私は自分自身のできる限りの事をさせていただくだけ。

 

 

 

 セラピスト名義のFacebookページ

https://www.facebook.com/Hikarinokakera2007/

未来への青写真は何?

自己表現

タイトルがいきなりの分かりにくい質問で驚いた人もいるだろう。

 

私は過去と未来ならばどちらかと言えば未来を意識して見ている。もちろん現在の状況も見つつ、未来を意識している。

 

かといって、過去を全く見ない訳でないけれど。あまり振り返りはしない。

 

過去があまりにもつらかったから?

それは私の考えと微妙に違っている。

 

過去なんて所詮過ぎた事。

悔やんで憂えてどうするつもりなのだろうか?

そんなの振り返ったらキリがない。

 

 反省するのは必要だけども、行き過ぎると逆効果だ。

 

“未だ見ぬ未来を思う方が更にいい”

 

まだ起こっていない事なら、どうにでも変えられる。設定変更なんていつでもできる。

 

大好きな色のノートに書いた野望。

 

あまりにもスケールの大きい夢がたくさん描かれている。

もちろん些細な願い事もある。

 

 

“どこまで実現するのかは分からないが私はやる!”

 

セラピスト名義のFacebookページ

https://www.facebook.com/Hikarinokakera2007/

 

 

 

 

 

 

気付きときっかけで私の周りの世界が変わった

自己表現

年末年末の休暇に入り、気になっていた点があった。

 

それは

 

・ホームページ(それに相当するもの)の作成

Facebookページの作成

 

この2つだ。

休暇に入る前からこの2つが気掛かりで、若干モヤモヤしていていた。

 

休みの初日に、ホームページとFacebookページについてネットで調べていた。

 

最初の2日間で8割程まで完成させて、翌日にはイベントページ作成まで漕ぎ着けたのだ。

 

“私が提供するTCカラーセラピーのセッション”

 

それを多く人に知っていただきたいとの思いだけでここまで突っ走って来た。

 

 

私の中の何処かにスイッチが入り、そのまま勢いに乗って集中していた。

 

 

走り出したら目処が付くまで止まらない。

 

けれども “徹底してやり切る” と決めていたので、昨日のイベント当日も何事もなく無事に終える事ができた。

 

最近はセラピストの活動を進めて来たので、この勢いで文筆活動もコツコツと進めていきたい。

 

今年はこのブログの発信にも力を入れて取り組んでいきたい。

 

 

セラピスト名義のFacebookページ

https://www.facebook.com/Hikarinokakera2007/

コミュ障さえも武器にして進め!

コミュニケーション

私は自分の事をコミュニケーション障害だと自覚している。

 

幼い頃から人と話をする事が苦手だった。

と言うよりは思った事を話すと、悪い意味で受け取られていた。

 

そんな事がいつも続いていたので、次第に本音を話さなくなっていった。

人の目を気にし過ぎていたから何も言わなくなったのだ。

 

意志疎通を図る事がお世辞にも得意ではなく、相手が謝った解釈をしても “違う!” と、はっきり言えなかった。

 

器用に立ち回れない自分を駄目なヤツだと思い込んでずっと責め続けていたのだ。

 

そんな思いを子供の頃からずっと握り締めてきた為、人知れず涙した事も数え切れない程あった。

 

それにもかかわらず、私はTCカラーセラピストになった。

 


f:id:bluedestiny619:20161217191908j:image
 非常にネガティブでコンプレックスの塊だった私が、オーラソーマがきっかけで色彩心理学を知り、書籍を買い求め独学で学んでいった。

 

学びを深めていく中で、自分自身の良きも悪しきもあるがままに認められる様になってきたのだ。

 

話は変わるが、数日後に行われるイベントに出店する。

ひょんな事から、出店のお話をいただいた事がきっかけだ。

 

 

それまでの私ならば、出店したい気持ちはあっても心の中では “私なんて…” と後込みしてお断りしていたのだが。今回はそんな迷いも出ず、その日のうちに出店の意向を伝えていた。

 

 

ようやく念願のTCカラーセラピストの活動を再開する事ができた。

 

この様なお膳立てをしていただき、本当に感謝している。

 

当日は “嬉しい” “楽しい” “気持ちいい” を意識してセッションをさせていただくだけ。

 

これからお会いするお客さまとの出会いを大切にしていきたい。

ヘタレ上等!~足掻きながらも動いた者が勝つ~

内観と探求

始めに言っておこう

 

今回の記事は、かなり泥臭い文章である

(普段は結構な、ええカッコしぃの私の割には…)

 

行動せずに不平不満ばかりの人生なんて、本当に勿体無い!

何でも人のせいにするのは、ただの逃げでしかない

 

ヘタレでも “何かやろう!” と動いている人間の方が断然いい

 

 周りから “カッコ悪い” と言われる人の方がむしろカッコいいし輝いて見える

 

そもそも人が一生懸命に努力している姿を見て、“カッコ悪い” と言う人は何も行動していない。ただの怠慢だ。

 

そんな人間は、未来に向けてのビジョンも何にも考えずに過ごしている。

 

人生一度きりよ?

 

なのに自分は何もせずに、人がアクション起こしているのを見て嫉妬する。ひどい時には邪魔もする。

 

但し出来る限りの事をやりつくして、もう万策尽き果てたという人は除く。

 

恐らくそこまでの状況になっているならば、精神的にも相当ダメージを受けている筈。

 

むしろこういう人こそしっかりと休んだ方がいい。

 

話は逸れたが、人の行動をいちいち批判している人間は他人の事など何も考えていない。

 

自分がどう思われているのか、あまり気にしていない様だ。

 

足掻きながらも行動している人間は、周りの人から助けられる事だってある。

 

たとえ人から見られていなくても、物事がちょうど良くなる。

 

 

 

 

 

自信に根拠なんて無くてもいい

コミュニケーション

私は自分に自信がなかった

子供の頃からずっと…

 

今思えば自分の事を言葉で表す事が得意ではなかった

 

 

そんな不器用な自分自身を責めてばかり

 

 

やりたいことがあっても “お金が無いから無理!” と言われる事が多かった

 

 

自己を表現する仕事(漫画家・声優・ゲームのキャラクターデザイナー)がしたいと言おうものなら

 

“そんな仕事で食べていける程、世の中甘くない!” 

と一蹴された

 

そんな私がずっと持ち続けていた夢が、“文章を書く事” 

 

唯一、この夢だけは誰にも邪魔されなかった。

 

それは何故か?

 

形(媒体)を変えても続けられるから

 

 

昔なら紙に書く事。今ならばインターネットも普及して、パソコンや携帯(ガラケー)・スマホ等を使ってWeb(ブログ・SNS)上で、誰でも気軽に発信できる。 

 

 

話は逸れたが、私の場合は文章を書く事で自信の無さもありのまま表現したかったのだと気付いた。

 

 無い!無い!なんて言いつつも表現だけはしたかったみたい…

 

これも梵の為せる業?

 

なのかもしれない

 

脱・マジメ宣言

自由な生き方

時代はゆるむ方向に移行している

 

私の周りではyogaや施術で体をゆるめるプロがたくさんいる。

 

その道のプロより様々な角度から体のゆるめ方を教わり施術を受ける、もしくは実際に実践して来た私。

 

何故、そこまで “ゆるめる事” にフォーカスしたか?と改めて問うならば

今までの “努力” “根性” 一辺倒では物事が立ち行かなくなっているからに他ならない。

 

 

 だからと言って、やること全くやらずに…とはいかない

 

自分自身の持ち味を無理なく自然に引き出す

 

これに尽きる。

 

ある程度の努力は人生に於いて必要だ。

 

けれどもそれだけでは立ち行かなくなる、どこかで頭打ちになるのがオチだ。

 

“努力は必要だけども、行き過ぎてドMにはなるな!”