愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

人間不信の私に親友が出来た件

‟コミュ障の私にも親友と呼べる人が出来た”

 

先月まで勤めていた職場で出会った派遣社員の女性と先日、カラオケに行ってきた。

こちらの職場で働き始めたばかりの頃、配属先の工程が決まり夫々の工程別で研修が始まった。研修が進むにつれて何とはなしにお互い自分の事を話す様になり、そこからの流れで今回のカラオケ行きが決まったのだ。

 

話の中で、学生時代に合唱部に所属していた事と年齢が近い(一学年違う)と言う共通項があったので歌のネタで盛り上がる事も多かった。勿論それ以外の話題でも花が咲く事もある。そして私はノリに乗って9mmの事を話すだけに留まらず、歌う様になっていったのだ。←歌うのかよっwwww

 

ちなみに9mmのメンバーの写真を見せたら、‟メンバー全員カッコいいね!” と言ってくれていた。その言葉を聞いた後に ‟やったー!” と、私のテンションが爆上がりしたのは言うまでもない。

 

9mmの話をした流れから、高校時代の同級生が社員でいる事実を伝え、更には推し(ドラムのかみじょうちひろ)と名前が微妙に似ている為 ‟それ、ネタだよ!!” と工程内で盛り上がった事もある。

 

そんな高校時代の同級生の事について綴った記事はこちら

bluedestiny619.hatenablog.com

 

その事実を話して以降は、彼女は名字と名前を入れ替えて遊ぶと言う所業を覚えた。そして言われた私は、まるで某RPGの混乱魔法に掛かったかの様な反応を示していた。こちらの派遣先に勤めた初日から、既に軽く混乱していたのに更にそれを使って遊ぶとは…と驚いている。

 

カラオケに行った時の話は、次回綴る事とする。