愛と自由を携えて生きる

新潟生まれの新潟育ち。工場勤務兼作家志望のアラフォー女子が、 “自分らしく生きる” 事を探究する様子を綴るリアルなライフログ

9mmはギャップでドハマりする件

‟9mmはギャップに惹かれる”

 

Twitterで9mmのネタを開示しつつ、フォロワーの人たちのツイートを観ながら、それらを端的にまとめてツイートする等。発信の幅が広がっている事も感じている今日この頃。

 

9mmのオタクと言う事実は変わらずして、ここ最近は発信のバリエーションが増えてきている。 ここにきて発信の裾野を広げて来た実感が、目に見える形で如実に出て来た事を、徐々にではあるが身を以て体験している。

 

さて本日は9mmが福岡でライヴと言う事で、9mmのネタを綴る事とする。

 

私が思うに9mm Parabellum Bulletと言うバンドは、ギャップで惹き付けられるバンドであると確信をしている。

 

ボーカル・ギター 菅原卓郎の場合

容姿は顔立ちがハッキリして細身のスラっとした体形という事もあり、一見するとどことなく近寄りがたい雰囲気を醸し出している。ぱっと見は怖そうに見えるが、MCなどで気さくなキャラクターを発揮していてそのギャップにやられる。だがその部分を抜きにして見た時、 ‟なんと艶のある人なのだろう…” とハッとさせられる。

 

ギター 滝善充の場合

見た感じでは穏やかな印象を持たれるが、LINE LIVE後に、配信の最中での圧の掛かった発言が数々出て来た。それらをTwitter経由で聴くにつけ ‟こいつ、ヤベェわ…” と若干の震えが出たが、その後何故か ‟何これ?ウケるwwww”吹き出していた。かつて9mmが栗山千明に楽曲を提供した事があるが、歌番組に出演した際の滝のパフォーマンスについて、ネット上では「栗山千明の横にキチ〇イ」と評されていた。穏やかそうに見えるが、細かく観て行くといろいろとおかしいw。だがそれが味なのだ。

 

ベース 中村和彦の場合

ギャップと言う観点で観ると、一番少ないと感じるのが和彦だ。MCでは他のメンバーと比べて、突っ込み方が控えめである。Twitter上では ‟突っ込み切らない” と言う評判を聞いている。ライヴでの激しく動いている様子を見ると、その辺りは想像しづらい。ただ、短髪から髪を長く伸ばしたのは想定外だった。しかも、今ではライヴでポニーテールやお団子にしている時もある。←女子かっ!

 

ドラム かみじょうちひろの場合

散々書いているが、ドラムを叩いている時のクール・ストイックな様子と、MCやコラムでのエロ・おバカキャラは定番中の定番である。9mmのメンバーで一番ギャップの振り幅が広いのである。コラムでは一人称を複数使い分けている。使用頻度の高いものから並べると(俺・僕・あたし・私)となる。一体この人の頭の中には、何人のキャラクターが存在しているのだろうか?といつも気になっているくらいだ。

 

ここまで私が9mmのメンバーに、ギャップでドハマりしている事実を綴ったがいかがだっただろうか?私にとって9mmは、この様なギャップも開示して ‟衝撃の化身” ならぬ、‟笑撃の化身” をもやり切っているのか?と錯覚してしまう程である。(ただしあくまで主観w)

 

9mm Parabellum Bulletは衝撃系ギャップ萌えバンド(?)の一面があると私は感じている。

 

以上