愛と自由を携えて生きる

新潟で生まれ育ち。工場勤務の傍ら、週末だけのカラーセラピストとして活動をしながら “自分らしく生きる” 事を探究する女子のリアルな話

聴き役としての需要

悩み相談に乗っていた件

 

先日、元の所属部署(製品確認工程)の派遣社員から仕事の悩みを打ち明けられた。

 

上司から何の前触れもなく、新人の派遣社員の指導をしているとの事。その事について不安や不満があるそう。

 

・直属の上司から具体的な仕事の説明がない(作業方法や測定機器の取り扱い等)

・しかも、仕事上で必要不可欠である基本的な説明を社員からは一切されず現場の派遣社員に丸投げ

・ほぼぶっつけで作業をさせる

 

簡単にまとめると上記の様な感じだ。 

 

 

参考までに過去記事 

bluedestiny619.hatenablog.com

こちらの部署に所属(応援)していた時に、様々なトラブルで私自身も精神的にかなり参っていた。

 

 

こちらも併せてご覧いただきたい。

注記:相談者の派遣社員からは、親しくなってからいじられる様になったwそれがきっかけで綴った記事。

bluedestiny619.hatenablog.com

休憩時間などはいじりキャラではあるが、勤務態度は至って真面目で全体の状況把握もできるとても出来た人だ。

 

話を元に戻そう。

新人の指導をする事も現場のリーダーの仕事の一つだ、それも一人前のプロとして育て上げる現場のリーダーはそんな役割を担う存在なのだ。

そんな存在であるにも関わらず、その職務を放棄するなんて有り得ないのだ。

 

無責任過ぎるだろ!!!!!!

 

逃げてんじゃねぇよ(足掻いたって逃げられないんだからさw)

 

弱い立場の派遣社員に、責任を押し付けて逃げるなんて最低である。

 

まさか、仕事の悩みを個人的に打ち明けられるとは思わなかった。だが、聞き役としての経験を積ませていただいたのは嬉しい。

 

明日からまた葛藤があるかと思うが、この人ならば出来ると信じている。